2014年12月前半の注目作

▼MUSIC

◎12/3【The London Sessions / Mary J. Blige】

オリジナルアルバムとしては3年ぶりとなる新作。
「Think Like A Man Too」のサントラがセールス、評判ともに不発に終わっただけに不安要素もありますが、クリスマスアルバムでも50万枚を売り上げているので人気の衰えというわけではないのかな。ただアルバムタイトル通りUKアーティストとのコラボで黒さが失われていそうなのは個人的には残念です。

ザ・ロンドン・セッションズザ・ロンドン・セッションズ
(2014/12/03)
メアリー・J.ブライジ、メアリー・J.ブライジ&ディスクロージャー 他

商品詳細を見る

〇12/10【ReClassified / Iggy Azalea】
△12/9【宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について- / V.A.】
△12/9【2014 Forest Hills Drive / J. Cole <輸入盤>】

Iggy Azaleaの「The New Classic」はかなり聴き込みましたが、ダウンロード購入だったので新曲も多数追加されたこの新装盤もいずれ購入予定。
宇多田のトリビュートアルバムは、井上陽水だけでなく、浜崎あゆみや椎名林檎など同時期に活躍したアーティストが参加しているそう(12/3発表)。宇多田色を重視してしまうと絶対に本家には勝てないでしょうから、この方向性はいいですね。買わないまでもレンタルはしたいところです。

▼GAME

◎12/4【戦国無双クロニクル3 (3DS)】

「戦国無双」の派生作品として支持されているクロニクルシリーズの第3弾。前2作は中古が高値で安定していたために手が出なかったんですけど、無双好きとしてはこのシステムも一度は体験しておきたい!ということで今回は予約しました。

戦国無双 Chronicle 3戦国無双 Chronicle 3
(2014/12/04)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

△12/6【大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U (Wii U)】
△12/11【グランド・セフト・オート5 (PS4)】

年末らしく大作が発売されるものの、両方ともハードを持っていないので断念します。ま、スマブラは3DS版を、GTA5はPS3版を遊んでいるので問題なし。

▼MOVIE

〇12/12【ゴーン・ガール】
△12/6【メビウス】

「インターステラー」が今年の映画館納めになるかと思っていましたが、デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック主演の「ゴーン・ガール」はやはり観ておきたいですね。

そして、韓国版「愛のコリーダ」? 性器切断映画として話題の「メビウス」。この衝撃的な内容を、全編セリフなしで描いたというだけでも興味が湧いてきます。

▼DVD

〇12/5【聖闘士星矢 LEDEND of SANCTUARY】
△12/2【チョコレートドーナツ】
△12/3【her / 世界にひとつの彼女】
△12/3【かぐや姫の物語】
△12/3【マレフィセント】
△12/10【トランスフォーマー / ロストエイジ】

観たい順としては「聖闘士星矢」>「her」>「かぐや姫」といったところ。思い入れの強い作品ほどCG化や実写化に抵抗があるものですが、「聖闘士星矢」はある程度の派手さが魅力にも繋がると思うので期待もしています。欲を言えば声優陣がアニメ版のままだったら…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本