Garanti Koza WTA Tournament of Champions

ニューヨークシティマラソンに出場することを以前から表明していたウォズニアッキですが、見事3時間26分33秒で完走したそう。さすがWTAでもトップクラスの体力を持つ彼女ですね。同じ長時間スポーツでも、体脂肪を減らしすぎるとスタミナが切れやすいと言われるテニスと、細身の選手が多いマラソンは別物だと思っていましたが、ウォズニアッキに限ってはこのチャレンジがどちらにも好影響を及ぼしたようです。

 <Semifinals>
Flavia Pennetta (3) - Carla Suarez Navarro (5) 6-4, 6-2
Andrea Petkovic (4) - Garbine Muguruza Blanco (7) 6-1, 6-4

 <Final>
Andrea Petkovic (4) - Flavia Pennetta (3) 1-6, 6-4, 6-3

ペトコはここのところ早期敗退が目立っていましたし、今大会も初戦でスアレス・ナバロに完敗したので期待していませんでしたが、その後は安定したテニスで見事優勝。この後フェドの決勝を戦う同胞へエールを送る形となりました。
正直、彼女のテニスは直線的かつ堅実すぎて面白くはないんですけどね。でもあの人柄の前では応援しないわけにはいかないのです。

決勝を戦ったペンネッタもシーズン後半は失速気味でしたね。というか、トップ10選手を次々になぎ倒した全豪→ドバイ→インディアンウェルズが出来すぎだったとも言えますが。

ダブルスではシンガポールでの最終戦出場を果たしたスアレス・ナバロとムグルザのスペインペアは、揃ってラウンドロビンを首位通過したものの、ともに準決勝で敗退してしまいました。しかし、この二人を生で見られたことが今年の東レPPOの大きな思い出。
ムグルザはスペイン人らしからぬハードヒッターで、決して好みのプレースタイルではないんですけど、柔らかい笑顔でも覆い切れないくらいの剥き出し闘志の虜になりました。器用さには欠けますが、今季はダブルスでも経験を積んだのでそれが今後に活きると面白い存在になりそうです。

それにしても、2勝しながらラウンドロビン敗退してしまったシブルコワは、来季どの程度ポイントを守れるのか非常に心配です。現在のポイントの4分の3ほどを4月のアカプルコまでに失ってしまうことになりますからね。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本