ファイナルファンタジー13 (PS3)

アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIIIアルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIII
(2011/07/21)
PlayStation 3

商品詳細を見る

2月から少しずつ進めていたFF13もようやくエンディングに到達。
大半が一本道のマップをひたすら進むだけだし、肝心のストーリーも旧世代的な絆を描いたもので、FFシリーズとしてはいろいろと残念な作品ではあったものの、何だかんだ言いつつも最後まで遊ばせてくれるゲームではありました。

とりあえず、最初の単調さを乗り越えると戦闘は格段に面白くなりますね。
ザコ戦でも歯応えのあるバランスになっており、ルートはほぼ一本道となれば、キャラクターを強化するRPG的な楽しさよりも、どういうパーティ&オプティマ編成をすれば手に入れた能力を最大限に活かせるかを考えるシミュレーション的な楽しさの方が自然と上回ってきます。編成を間違うと初見の敵にあっさりやられることも多々ありますけど、バトル直前からリスタートできるのでやる気が削がれることもありませんでした。
このあたりは初期の頃から斬新なシステムにチャレンジし続けてきたFFシリーズらしい作りで大満足。

グラフィックは当然ながら素晴らしいですね。特に光の表現は見事で、ムービーでは効果的に使われています。普段でもムービーと遜色なく、躍動的かつ幻想的なBGMとも相俟って独自の世界を描き切っていますね。

しかし、肝心のシナリオがなぁ…。
最初から固有名詞連発で遊び手は置いてきぼり。メニュー画面でオートクリップを開けば用語説明は載っているんですけど、誰がゲームを止めてまで調べようと思うんでしょうか。シナリオに関してはここ数作、確実にグレードダウンしています。

そんなわけでバトルはシリーズ最高、シナリオと自由度はシリーズ最低という極端なゲームが出来上がりました。
FFという名に捉われず、新しいタイプのゲームを遊びたい人には問題ないかもしれませんが、街で住人との会話や買い物を楽しんで、キャラクターに感情移入しながらその世界を自由に動き回るという従来のRPGを求めている人は気軽に手を出してはいけないと思います。

★★★★★★★★☆☆
(プレイ時間:約50時間)

◆簡易レビューはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本