今週のWTA (2014年10月第3週)

噂はかねてからあったので驚きはありませんでしたが、ダビデンコが引退を表明しました。クレムリンカップ中に行われたセレモニーがスヴェタとユーズニーの敗戦直後だったこともあり、リアルタイムで観ることはやめてしまったものの、動画や画像を見る限り本人に悔いは一切なさそう。しかし、サフィン引退後、ユーズニーらとともに2000年代のロシアテニスを支えた選手が引退してしまうのはある種の淋しさがあります。
その翌日にはサフィナとチャクベターゼのセレモニーもひっそりと…。この二人に関しては時期を逃してしまった観もありますが、GS3度の決勝進出とナンバーワン経験があるサフィナはもう少し派手に送ってあげたかったなぁ。

 <Kremlin Cup>
Anastasia Pavlyuchenkova (6) - Irina-Camelia Begu 6-4, 5-7, 6-1


パブリチェンコワが地元タイトルで今季2勝目。何だかんだ好調時は終盤まで勝ち残ることも多いですが、そろそろ安定感を取り戻した上でGSでも上位進出を果たすなどして、本格的に復活してほしいところです。数年前はトップ100で最年少として将来を有望視されてきた彼女も、気が付けば中堅選手として存在感がどんどんなくなってきていますしね。

スヴェタはサファロワに敗れベスト8止まり。とりあえずシードは守った形ですけど、他のシード勢が早い段階で姿を消していて、そこを突破していればタイトルも…という欲が出てきてしまいます。これでソフィアで行われる第2の最終戦出場の可能性も落ちましたが、まぁ、個人的にこの大会は来季のトップ10への登竜門であってほしいと思っているので若手にチャンスを与えていいでしょう。

 <BGL BNP PARIBAS Luxembourg Open>
Annika Beck - Barbora Zahlavova Strycova (4) 6-2, 6-1


こちらでは20歳のドイツ人プレイヤー、ベックがツアー初優勝。この人は一昨年にトップ100入りを果たしたものの、ツアーレベルではなかなか勝てずに伸び悩んでいました。今季も8月のシンシナティ以降本戦での勝利がなかっただけに、ここでの大爆発は驚き。もちろん、真価が問われるのはこれからでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本