楽園のカンヴァス / 原田マハ

楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)
(2014/06/27)
原田 マハ

商品詳細を見る


山本周五郎賞を受賞した美術ミステリー。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)のキュレーター(学芸員)であるティム・ブラウンと、倉敷の大原美術館で監視員をしている早川織絵は、スイスの大邸宅に招かれ、ルソーの名作「夢」に酷似した作品の真贋を見極めるという課題を出される。そのための方法は一冊の書物を一週間かけて読むこと。

その書物の主役はもちろんルソー。そこに、彼の才能を見出したピカソと、彼が惚れ込んだヤドヴィガが絡み、名画誕生までのストーリーが綴られています。もちろんそれが事実なのかどうかはティムや織絵、そして読者にも判らないわけですが、最初ルソーと距離を置いていたヤドヴィガが彼の作品の中で「永遠を生きる」決意をするまでの物語はまるで純愛小説を読んでいるかのようで、不思議な興奮が得られました。

ミステリーと聞いて期待するようなハラハラ感はさほど大きくなかったものの、こんなにも想像力をかき立てられる作品に巡り合ったのは久々だったような気がします。美術には疎い自分が読むにはハードルが高いかと思いながらのチャレンジだったんですが、抵抗ないどころか自分が以前から美術ファンだったかと錯覚するほどの没入度。絵画にまつわるエピソードが多々ありながらも押しつけがましくないのも、自分からその世界に足を踏み入れる感覚にさせてくれて嬉しいポイントでした。

絵画を扱った小説は恩田陸の「ライオンハート」くらいしか読んだことがなく、ルソーという名前はよく知っていても作品自体にはさほどピンと来なかった自分も、これで一気に関心が深まり、距離が縮まったような気がします。もっとルソーについて詳しくなってから再読したら、きっと新しい世界が拓けるんだろうなと思うと、それもまたワクワクさせられますね。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本