HK/変態仮面 他

凶悪 ★★★★★★★☆☆☆
新潮社の同名ルポを映像化。緊張か興奮かよく分からないドキドキが続いていた原作と比べると、こちらは真っ当なドラマに仕上げたなという印象が残ります。ちゃんと出来ているけど、TVの2時間枠でもよさそうな感じ。
そう感じてしまうのは、ジャーナリストである藤井(山田孝之)にスポットを当てすぎたせいかもしれません。後藤(ピエール瀧)や"先生"(リリー・フランキー)といった犯人側が殺人を重ねるシーンも決して少なくはないんですけど、描写がストレートすぎてかえって怖さが伝わりづらいんですよね。原作の方はまるで犯人が後ろからじわじわと迫っているような感覚に陥ったものですが…。
山田孝之は安定した演技ですけど、やはり今回はリリー・フランキーやピエール瀧のインパクトが抜群でした。また、地味ながら池脇千鶴が相変わらず素晴らしいです。この人は目立つ役柄でなくていいので、もっといろいろな作品で見てみたいところ。

HK/変態仮面 ★★★★★★★☆☆☆
朝ドラをチェックしていなかった自分の中では、鈴木亮平=変態仮面というイメージがしばらく定着しそうなほど衝撃的な役でした。誤解を招きそうな表現ですけど、実にハマり役。好青年なのに隠し切れない変態性というのが笑えるポイント。彼に限らず、本作の役者陣はこれに出演すると決めた時点で称賛に値します。
その点では、主人公の母親役を演じた片瀬那奈の吹っ切れ方も見事で好感度アップしました。
そしてニセ変態仮面、安田顕の怪演。まぁ、この人はコメディでも違和感なく演じられる役者ですけど、今回は素で変態なんじゃないかと本気で引いてしまうほど。流石です! しかし、皮肉なことに主人公を超える真性の変態である彼が登場することで、変態仮面としての面白さが減退してしまうんですよね。「スパイダーマン」のような主人公の葛藤は、この際入れなくてもよかったように思います。
というわけで、後半の展開はやや残念でしたけど、アイデア勝負で中途半端な内容になってしまう原作モノが多い中、ここまで吹っ切れた作品を作ってくれて嬉しかったです。余談ですが、ゴウライガンのゴウ役を演じた加藤くんも出演していますね。

◆福田雄一作品の評価
「大洗にも星は降るなり」 ★★★★☆☆☆☆☆☆

HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]
(2013/07/12)
鈴木亮平、清水富美加 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本