楽天ジャパンオープン予選観戦記

東レPPOの客の入りを見て、8月のあれはテニスフィーバーではなく錦織フィーバーだったんだと気付かされましたが、さすがに楽天は盛り上がっていました。当の錦織くんはまだクアラルンプールで戦っているというのに…。

今日の目的は二つ。
一つはシモンの練習を見ることだったんですけど、残念ながら姿を確認することはできず。ATP SUNDAYに出場予定がなかったので外で見られる可能性は高いと踏んでいたんですけどね。ま、今年は本戦も観る予定なのでそちらに期待します。

もう一つの目的は予選に登場の守屋宏紀。
近藤大生が故障でほぼ戦線離脱中、西岡良仁はアジア大会に出場中ということで、今大会で応援したい日本人選手は彼くらい。そして、トップ200に定着しチャレンジャーが主戦場になっている彼も、練習は観ることがあっても試合自体は4年ぶりの生観戦になってしまいました。
4年間で身体つきががっしりしてきたことはここ数年の練習の時に確認していましたが、プレー自体に劇的な変化はなし。とりあえず俊敏さが失われていないことにホッとしました。が、全体的にミスが目立った印象。どうやら春から新しいコーチの下でより速い展開を目指しているようなんですけど、ネットに詰めるタイミングが少し遅れてミスをし、それが続いたために迷いが出ていたかな、と。相手のダックワースが、攻撃性と大味さを同居させながらも、要所要所で驚異的な粘りを見せていたのも厄介でした。
が、苦しいながらも食らいついていったのが結果的に功を奏しましたね。中盤にダックワースがやや崩れたところにじわじわとプレッシャーを掛け続ける試合運びの巧さが光り、5-7、7-5、6-3の逆転勝利!
2年前の楽天は本戦に出場しましたが、あの時はWCだったので、予選突破は初。そろそろツアーレベルでの勝ち星を稼いでほしいところですが、まぁ焦らず経験を積んでいってもらいましょう。

それにしても、今年は選手の集まりが悪すぎるような…。
本戦のシード勢はともかく、予選は257位でシードが付き、971位で出場できる有り様。賞金額が違うとはいえ、同じグレードの北京の予選カットオフが173位であることと比べるとあまりにも淋しいですね。錦織くんをはじめとするトッププレイヤーの人気だけに頼るのではなく、たくさんの選手が日本に来たくなるような大会作りを目指してほしいものです。

本戦も始まっていないのに総括のようになってしまいましたが、練習もツォンガ以外見たい選手がいなかったし、予選も今年から有料になった割に層が薄くなったりと、世間の盛り上がりとは対照的に物足りない内容だったなぁ。天気に恵まれたこともあって会場をぶらぶらするだけでも楽しかったんですけど、素直に喜べない1日でした。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

寂しいですね

HPを観る限り、北京の方が立派ですよね。
東レも楽天もHPはほんとにイマイチです。
会場もそうなのかもしれませんね。

有明は華やかさがない気がします。
それになんで練習隠すのかしら。。。
写真で見る限り、他の大会ってもっとオープンですよね。
そういう硬すぎる雰囲気が楽しくないのかも。

北京ではRafaが負けました。
まだ本調子ではないとは聞いてましたが
復帰したらすごいがいつもだったのでちょっと心配です。

楽天はほんとに錦織でチケットも取れないとか。
女子もスターが出てきてほしいですね。

日本らしさ

東レのHPはインタビューの和訳を載せるなどの工夫が見られますが、楽天のはいつも酷いです。
デザインはATPサイトまんまですし、情報もJTAのメルマガと同内容。
イベントの詳細などはFacebookで更新していましたけど、会場に行けない人や海外の人に配慮した内容ではなかったように思います。

練習コートは楽天の方が開放的ですね。
ただ、女子は特に警備の問題もあるでしょうし、難しいのかもしれません。
今回は、ロディオノワ姉が間近で練習を撮影していたファンに対し、「(撮られるのは)苦手だからやめて」と言う一幕がありました。

日本人ファンのおとなしさも一長一短なので難しいところですね。
今年の楽天は本当にすごい盛り上がりだったんですけど、マナーでは気になる点もありました。
まぁ、中国もテニス人気が高まった数年前にはいろいろ問題も起きていたので、日本も観戦人口が安定してマナーが定着し、礼儀正しさと華やかさを併せ持った大会に育ってくれればと期待します。

ナダルは大会のグレードが上がるにつれ調子を上げてくるタイプですから、上海に期待しましょう!
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本