全米オープンテニス2014 2回戦

これを書いている時点で3回戦も半分が終わってしまっていますが、とりあえず2回戦から振り返ります。

Serena Williams (1) - Vania King 6-1, 6-0
Simona Halep (2) - Jana Cepelova 6-2, 6-1
Petra Kvitova (3) - Petra Cetkovska 6-4, 6-2
Maria Sharapova (5) - Alexandra Dulgheru 4-6, 6-3, 6-2
Angelique Kerber (6) - Alla Kudryavtseva 6-2, 6-4
Eugenie Bouchard (7) - Sorana Cirstea 6-2, 6-7 (4-7), 6-4
Jelena Jankovic (9) - Tsvetana Pironkova 7-5, 6-4
Caroline Wozniacki (10) - Aliaksandra Sasnovich 6-3, 6-4
Flavia Pennetta (11) - Shelby Rogers 6-4, 6-3
Sara Errani (13) - Anastasia Rodionova 6-4, 7-6 (7-2)
Lucie Safarova (14) - Saisai Zheng 6-3, 4-6, 6-2
Carla Suarez Navarro (15) - Coco Vandeweghe 6-3, 6-3
Victoria Azarenka (16) - Christina McHale 6-3, 6-2
Ekaterina Makarova (17) - Polona Hercog 6-1, 6-2
Andrea Petkovic (18) - Monica Puig 3-6, 6-3, 7-6 (7-5)
Venus Williams (19) - Timea Bacsinszky 6-1, 6-4
Alize Cornet (22) - Daniela Hantuchova 6-3, 6-3
Sabine Lisicki (26) - Madison Brengle 6-4, 6-1
Roberta Vinci (28) - Irina-Camelia Begu 2-6, 6-4, 6-1
Casey Dellacqua (29) - Qiang Wang 4-6, 6-4, 6-2
Barbora Zahlavova Strycova (30) - Monica Niculescu 4-6, 6-4, 6-2
Zarina Diyas - Catherine Bellis 6-3, 0-6, 6-2


ブシャール、ペトコは実力者相手にかなり苦しみましたが、最後はしっかり勝ち切りました。好不調の波が激しいクヴィトワや、復帰に苦しんでいたアザレンカも調子を上げてきている様子。まだ2回戦なのに、優勝の行方が全く分からなくなってきた感があります。

Shuai Peng - Agnieszka Radwanska (4) 6-3, 6-4
Karolina Pliskova - Ana Ivanovic (8) 7-5, 6-4
Johanna Larsson - Sloane Stephens (21) 5-7, 6-4, 6-2
Nicole Gibbs - Anastasia Pavlyuchenkova (23) 6-4, 6-7 (6-8), 6-3
Kaia Kanepi - Samantha Stosur (24) 3-6, 6-3, 7-6 (10-8)
Aleksandra Krunic - Madison Keys (27) 7-6 (7-4), 2-6, 7-5


ラドワンスカ姉の敗退は驚きでした。しかし、彭帥に対しては過去3勝1敗ながらすべてフルセットの大激戦。敗れたのは4年前の全米オープンだったことを踏まえると嫌な相手だったかもしれません。ショックは大きいですが、さっさと気持ちを切り替えてアジア・シリーズに備えてもらいたいところです。

そして、イヴァノビッチはまたもや前哨戦の勢いを本番に持ち込めませんでした。セリーナやシャラポワとも互角に戦えるようになり、昔の勢いとは違ったタイプの怖さが出てきていただけに非常に残念。

そして、バンダウェイやマクヘイル、そして15歳の新星ベリスを含め、アメリカの若手は大半が敗退し、いまだW姉妹頼みのアメリカテニス界の最後の希望は21歳のギブスに託されることとなりました。

Belinda Bencic - 奈良くるみ (31) 6-4, 4-6, 6-1

日本人最後の砦、奈良はシードを守れず。ファイナルセットで相手がペースを上げてきたところについていけなかったというのが敗因だそうです。17歳のベンチッチも相当なポテンシャルを秘めていそうですが、この試合に関しては奈良が納得のいくプレーができなかったようで悔しさも隠し切れないといった様子ですね。しかし、これもまたシード選手としての勉強。来季も再びシードが付いてGSに戻ってこられるよう、秋の活躍を期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本