全米オープンテニス2014展望

守屋宏紀は予選最終戦に進みながらも負けてしまいましたが、19歳の西岡良仁が見事にGS予選初挑戦で突破を果たしましたね。全米予選を目標にチャレンジャーやサーキットで着実にポイントを稼ぎ、予選もラストインながらプレッシャーを撥ね退けました。海外を主戦場としているのでまだ生観戦できず、昨年の全日本選手権決勝をテレビで観ただけですが、小柄ながら非常に躍動感のあるプレーをする選手なので今後が非常に楽しみです。

いきなり話が逸れましたけど、本題の女子の展望。ドローはこちらから。

▼セリーナ(1)、スアレス・ナバロ(15)、ストーサー(24)、張帥(32)、デイヴィス、タウンゼント
USオープンシリーズを制したセリーナをはじめ、若手アメリカ勢が目立つブロック。ニューヘイヴンでベスト4入りしたストーサーもいますが、やはり3年連続決勝進出で2連覇中のセリーナが抜きん出た存在か。久々に本気のセリーナを見てみたい気がします。

▼イヴァノビッチ(8)、ペンネッタ(11)、パブリチェンコワ(23)、デラクア(29)、ゲルゲス
シード選手は実力者ばかりなのに、揃いも揃って危うさも感じさせるんだよなぁ。今季の調子から見ればイヴァノビッチが抜けているものの、全仏とウィンブルドンで裏切られたので控えめに予想。

▼クヴィトワ(3)、アザレンカ(16)、スヴェタ(20)、キーズ(27)、土居
GSを2度制したプレイヤーが3人もいる、最も予想困難なブロック。ウィンブルドンを制したクヴィトワは毎年ニューヘイヴン以外の北米では勝てませんし、安定感では抜きん出ているアザレンカもまだ復帰途上で本来のプレーには達していません。でもスヴェタがこの二人をなぎ倒す姿は想像できないんだなぁ。
土居は初戦でアザレンカを相手にすることになりました。フィジカルに問題を抱えているとはいえ厳しい相手であることには変わりありませんね。

▼ブシャール(7)、シブルコワ(12)、マカロワ(17)、ザーラコワ・ストリコワ(30)、バーティ
相変わらずGS以外では大して勝てないブシャール。でも大舞台で物怖じしない強心臓は証明済みなので、今回は無視はできない存在です。シブルコワは全豪以降ほとんど勝てていないので、マカロワの方が嫌な相手になりそう。いや、個人的にはザーラコワ・ストリコワに期待したいところ。

▼ケルバー(6)、ヤンコビッチ(9)、スティーブンス(21)、奈良(31)、ウィックマイヤー
芝季で復調の気配も見せたものの、その後はカモにしつつあったヴィーナスやウォズニアッキに敗れるなど、いまいち調子が見えないケルバー。ヤンコビッチとともに決め手には欠けますが安定はしているので、あとはスティーブンス次第か。
そして、ついにシード圏内に入り込んだ奈良くるみ。これで昨年に並ぶ3回戦進出も現実味を帯びてきました。ケルバーとのロングラリーも楽しみにしています。

▼ラドワンスカ姉(4)、サファロワ(14)、コルネ(22)、ヴィンチ(28)
成績の割に好調さを感じさせないラドワンスカ姉。全米では4回戦進出が最高と相性いまいちですが、今回は決勝進出も狙えるドローなので期待したいところ。でも、順当に行けば4回戦で苦手のサファロワと当たるのが怖い…。もちろん、GS制覇やナンバーワンを狙うのならばトップ10圏外に苦手を作っていてはいけないんですけどね。

▼シャラポワ(5)、ウォズニアッキ(10)、ペトコ(18)、リシキ(26)、リバリコワ、プイグ、キリレンコ
シャラポワとウォズニアッキはここで潰し合いになってしまうのか。しかし、両者とも3回戦でリシキやペトコが待っているので道中はかなり厳しいものになりそうです。ウォズニアッキの初戦の相手はニューヘイヴン準優勝のリバリコワですが、得意のハードコートでテクニック系相手に取りこぼす可能性は低いでしょう。シャラポワはいきなりキリレンコと。この対戦はいつも接戦で、シャラポワが初戦敗退を喫した2010年の全豪を思い出さなくもないですが、キリレンコも故障からの復帰に苦しんでいるので、さすがに今回はシャラポワ圧倒的優位と見てよさそう。

▼ハレプ(2)、エラーニ(13)、ヴィーナス(19)、ムグルサ(25)、フリプケンス、ジョルジ、伊達
ついに世界2位まで辿り着いてしまったハレプ。バランスのよいテニスでどのサーフェスでもタイトルを狙えるプレイヤーですが、今回はシード順の割には厳しいドローですかね。3回戦で成長著しいムグルサ、4回戦ではエラーニ…ではなく経験に勝るヴィーナスになりそう。それを突破してもシャラポワと当たりそうですし。
ヴィーナスの方も早々に伊達やジョルジといったジャイアント・キラーと当たるので、勝ち上がってもそれなりに消耗することでしょう。

ベスト4予想はセリーナ、マカロワ、ラドワンスカ姉、シャラポワ。セリーナvsシャラポワの決勝でセリーナの優勝、という面白味のないものになってしまいました。完全な希望としてはスヴェタvsウォズニアッキなんですけどね。全体的に見るとトップに攻撃型、ボトムに守備型が固まった印象で、自分はボトムの結果を楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本