Western & Southern Open

なぜか突然流行中のアイス・バケット・チャレンジ。このリンク先で確認できるように、テニスプレイヤーも大勢チャレンジしています。別に面白い企画だとは思いませんけど、連続で観ているとこちらまで震えてくるので、納涼には最適かな。

 <Quarterfinals>
Serena Williams (1) - Jelena Jankovic (8) 6-1, 6-3
Maria Sharapova (5) - Simona Halep (2) 3-6, 6-4, 6-4
Caroline Wozniacki (12) - Agnieszka Radwanska (4) 6-4, 7-6 (7-5)
Ana Ivanovic (9) - Elina Svitolina 6-2, 6-3

 <Semifinals>
Serena Williams (1) - Caroline Wozniacki (12) 2-6, 6-2, 6-4
Ana Ivanovic (9) - Maria Sharapova (5) 6-2, 5-7, 7-5

 <Final>
Serena Williams (1) - Ana Ivanovic (9) 6-4, 6-1


セリーナ、何だかんだ言ってしっかり勝ってきますね。GS3大会が終わってもなかなか調子が上がらず、今季中にナンバーワン交代があるかと思われましたが、この優勝でチャンピオンシップスのポイントでもシャラポワとハレプに肉薄しています。USオープンシリーズでも1位が確定し、賞金額アップのためにも自身の名誉のためにも目の色を変えて全米オープンタイトルを奪いにくるのは間違いないでしょう。

対抗馬になるべきシャラポワは、昨年までフルセットになると驚異的な勝率を残していたのに、今季は9敗のうち6敗がフルセット負けとかつての粘り強さが見られないのが淋しい限り。勝負強さもフィジカルも衰えてはいないと思うんですが、準決勝ではファイナル5-4でのサービング・フォー・ザ・マッチを3つのダブルフォールト絡みで落とすなど、ある意味彼女らしい崩れ方でした。シャラポワは1stサービス後に妙な間ができると、かなりの確率でダブルフォールトを冒すんですよね。強心臓の彼女が珍しく隙を見せる瞬間。全米での活躍もサービスの出来が鍵を握っているのは確かでしょう。不安だ…。

シャラポワを倒したイヴァノビッチの執念も天晴れでしたけど、個人的にはウォズニアッキの復調が嬉しいポイント。
ハードコートシーズンに入って取りこぼしが減り、さらにケルバーやラドワンスカ姉のように近年苦手としていたプレイヤーを倒したことで、クレー季よりも2歩ほど前進した印象が残ります。マキロイとの破局があってから一気に痩せたように見えましたが、今はベストバランスなんじゃないでしょうか。プレー自体もかつての粘り強さと安定感が戻ってきたように思えます。全米ではシャラポワやラドワンスカ姉(とスヴェタ)らとの潰し合いにならないように祈りつつ、本気で上位進出を狙ってもらいたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本