Bank of the West Classic

 <Quarterfinals>
Serena Williams (1) - Ana Ivanovic (5) 2-6, 6-3, 7-5
Angelique Kerber (3) - Garbine Muguruza Blanco 6-2, 6-1
Andrea Petkovic (8) - Venus Williams 6-1, 3-6, 7-5
Varvara Lepchenko - Sachia Vickery 6-1, 6-0

 <Semifinals>
Serena Williams (1) - Andrea Petkovic (8) 7-5, 6-0
Angelique Kerber (3) - Varvara Lepchenko 4-6, 7-6 (7-4), 6-2

 <Final>
Serena Williams (1) - Angelique Kerber (3) 7-6 (7-1), 6-3


またもや準優勝コレクターとなってしまったケルバーですが、今回は相手がセリーナなので仕方ないでしょう。

セリーナはGSでの活躍がないので存在感が薄めですけど、今季も既に単独トップの4勝目なんですよね。スコアを見る限り、どの試合も中盤からようやくギアが上がってきたような印象でまだ調子は読めません。モントリオールでの戦いぶりに注目。

そして、初戦敗退に終わりはしたものの、リシキが女子テニス史上最速の131マイル(211km/h)を記録しました。これまでも200km/h超えの選手は何人かいたものの、W姉妹以上というのはインパクト大。

さて、今大会は大坂なおみという無名の日本人が1回戦でストーサーを破るというビッグ・アップセットを演じました。まだ16歳の彼女、試合時のランキングは406位と、予選を突破できただけでも驚きのレベルではあるんですが、父親がアメリカ人で180cmの身長ということで、日本人らしくないダイナミックなテニスが期待できそう。最新ランキングでは272位まで浮上しました。姉のまり(18歳、531位)とともに名前を憶えておきたいですね。

ただし、今週のメインはスタンフォードではありません。裏のワシントンではスヴェタvs奈良くるみという嬉しい決勝戦が実現しました。
結果はフルセットの末、スヴェタの勝利! 2010年のサンディエゴ以来、実に4年ぶりとなるタイトルを獲得しています。ここ数年は故障が目立ち、勝率も落ちていただけに、この勝利は自信を取り戻すのには十分だったことでしょう。正直、トップ10復帰や3度目のGS制覇が現実的ではなくなり、何を応援のモチベーションにすればいいか分からなくなりつつあるんですけど、今後の活躍でその迷いを払拭してくれるように祈ります。

ただ、この決勝で目を惹いたのは敗れた奈良のプレー。
ロングラリーを得意とするプレイヤー同士の対決となれば、ストロークの破壊力や引き出しの多さに勝るスヴェタが圧倒的に有利だと予想していたんですよ。しかし、奈良も安定感だけでなく攻撃的な展開が光り、しばしばスヴェタの足を止めていました。以前は守り勝つ以外の印象が全くなかったんですけど、今は粘りのラリーの中でも相手の攻撃の手が弱まったと見るや、すかさずコースを切り替えたりボールを捉えるタイミングを変えるなど、メリハリが生まれているんですよね。面白いテニスをするプレイヤーに成長しました。
東レPPOでもプレーを観られると嬉しいですが、その前にぜひ全米オープンのシード獲得を果たしてもらいたいところ。

ちなみに、このワシントンでは予選突破の桑田寛子も本戦で2回戦進出を果たしています。森田あゆみの戦線離脱は残念ではあるものの、その下の世代が次の国内ナンバーワン候補に続々と名乗りを挙げているのは嬉しい点。1大会だけの活躍で終わらないよう、若手全体で盛り上げていってもらいましょう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみですね

まだ16歳で180cmというのはかつてないですから、これから期待できそうですね。
全米はどうなんでしょうね。ジュニアで出るのか、予選出られるのか。。。

スヴェちゃんと言えば、明日から始まるプレミア・リーグで
私はLiverpoolのサポなんですけど
監督のブレンダン・ロジャースを見るとスヴェちゃんを思い出すくらい
よく似てると思うんですけど、どうでしょうか?

Amélieはマレーのコーチを続けてますが、何とか結果を出してほしいです。
写真で見る限りでは楽しそうですけど、プロですから問題は結果ですものね。

ハーフ&ハーフ

ハーフの日本人テニス選手ってさかのぼってもほとんどいませんが、やはり体格のハンデがなく、日本人らしい粘り強さを併せ持った選手がいたら面白いですね。
男子のダニエル太郎とともに楽しみな存在です。

ブレンダン・ロジャースの画像、早速チェックして笑いましたv-411
確かに垂れ目とはっきりした鼻筋がスヴェタに似てますね!
今後、リバプールの記事があったらチェックしてしまいそうです。

アメリーはコーチ継続でよかったです。
マレーはなかなか完全復活とはいきませんけど、今季はもう守るポイントも少ないですし、伸び伸びプレーして最終戦に出場してくれたら嬉しいな、と。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本