Music Review (2014年7月)

M.O. / Nelly ★★★★★★★☆☆☆
制作陣は変わったものの、ゲストを多数招いて、軽くて爽快なヒップホップトラックと、ラッパーなのにメロディアスに歌ってしまうトラックを均等に振り分けるという点で、前作までと大きな変化はなし。セールスの不振を見る限りは飽きられていると見るのが正しいでしょう。
それでも、クオリティは過去作と比較しても遜色なしだとは思います。統一感を一切無視し、従来のファンの希望に応えたかのような、Nellyらしさ全開の作りで純粋に楽しく聴くことができました。カントリーポップ色の強い「(12) Hey Porsche」には最初驚かされたものの、以前Tim McGrawと組んだりしていたことを考えると不思議ではないか…。
ただ、これまでシングルヒットをアルバムセールスに繋げてきた人なので、そこそこいい曲が散りばめられている程度では満足とはいかないんですよね。時代に流されないNelly流を貫いている点は好感は持てますけど、多くの人には古臭いで片付けられてしまうのかもしれません。

◆前作の評価
「5.0」 ★★★★★★☆☆☆☆

「Hey Porsche」(US42位、UK6位)


Braveheart / Ashanti ★★★★★★☆☆☆☆
基本的には前作の路線。しかし、あそこまでの明確なコンセプトは打ち出せなかったか。新曲が公開され始めてからアルバムリリースまで2年ほどかかっているので、実際に迷走したんでしょうが、それが聴き手にも伝わってしまうくらい中途半端な印象。
Murder Inc.の秘蔵っ子として21世紀のヒップホップ・ソウルを体現した1st、彼女の個性であった透明感を前面に押し出して2003年に涼しい夏を送り込んだ2nd、情感溢れるヴォーカルでそれまでのイメージを覆した4thなど、これまでカラーがはっきりしていただけに今作はあまり印象に残らないのが最大の不満です。作られた歌姫としか思えなかった初期の彼女よりは好きなんですけど、前作がインパクト抜群かつハイ・クオリティな内容だっただけにやや期待外れでした。
「(2)No Where」あたりは、これまでの彼女のイメージを上手くブレンドしさせた好曲ですし、1曲1曲は丁寧に作られているんですけども。

◆前作の評価
「The Declaration」 ★★★★★★★★☆☆

「(9) Never Should Have」
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本