'14 7/18 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Problem / Ariana Grande feat. Iggy Azalea <6,1>
(2)2. Fancy / Iggy Azalea feat. Charli XCX <6,2>
(3)3. Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon <8,1>
(5)4. Rude / MAGIC! <4,4>
(4)5. Stay With Me / Sam Smith <3,4>
(6)6. Am I Wrong / Nico & Vinz <4,6>
(7)7. Happy / Pharrell Williams <12,1>
(8)8. Wiggle / Jason Derulo feat. Snoop Dogg <4,7>
(9)9. All Of Me / John Legend <12,2>
(10)10. Summer / Calvin Harris <5,10>


Ariana Grandeが「Fancy」を僅差でかわしてV2達成。それ以外のトップ10も、4位と5位が入れ替わっただけで珍しく面子に変化はありませんでした。

(16)11. Maps / Maroon 5 <2,11>
(14)12. Latch / Disclosure feat. Sam Smith <3,12>
(12)13. La La La / Naughty Boy feat. Sam Smith <4,11>
(15)14. It's On Again / Alicia Keys feat. Kendrick Lamar <6,10>
(11)15. Money On My Mind / Sam Smith <8,9>
(13)16. Dark Horse / Katy Perry feat. Juicy J <15,2>
(19)17. Tennis Court / Lorde <2,17>
(NEW)18. Work / Iggy Azalea <1,18>
(NEW)19. Black Widow / Iggy Azalea feat. Rita Ora <1,19>
(NEW)20. Chandelier / Sia <1,20>


初登場3曲のうち2曲がIggy Azalea(イギー・アザリア)。
18位の「Work」は女性MCらしく、ちょっとクセがあるけどキャッチーなトラックで中毒性が高い1曲。Nicki Minajあたりとさほど差は感じないんだけど、Iggyは不思議とアルバムをリピートしたくなる。なぜだろう…。


19位の「Black Widow」はアルバムで唯一Stargateプロデュース曲とあって、聴きやすい楽曲ではあります。しかしポップという感じではなく、ヒップホップらしい淡々としたトラックを浮遊するIggyのラップの中で、Rita Oraのハスキーなヴォーカルがいいアクセントになっているといった印象ですね。

ラスト20位はSia(シア)。
ゲストではDavid Guettaの「Titanium」(9位)、Flo Ridaの「Wild Ones」(7位)のヒットがありましたけど、単独名義では初のトップ20入りになります。しかし、前作からの4年間で結構な数の客演ヒットを放ったことで地位を固めたようで、先日リリースされたアルバム「1000 Forms of Fear」は自身初の全米ナンバーワンに輝きました。
「Diamonds」のソングライトを手掛けていただけあって、これも一度聴いた限りだとRihannaの新曲かと勘違いしてしまいそうなくらい作風が被りますが、それだけヒットポテンシャルは高いという証拠でしょう。独特な世界観のPVとともに、リピートしていくうちにハマるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽チャート
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本