2014年7月後半の注目作

▼MUSIC

〇7/16【Trigga / Trey Songz】
△7/16【Yes! / Jason Mraz】

Trey Songzは本来なら発売日に購入したいくらいなんですが、聴くべきアルバムが溜まりすぎているのでまだ迷っているところ。しかし、上半期は男声R&Bが極端に少なかったので、下半期に期待する意味でも買ってみようかな。

▼GAME

△7/17【MURDERED 魂の呼ぶ声 (PS3)】
△7/24【戦国BASARA4 スペシャルパッケージ (PS3)】
△7/24【WRC4 FIAワールドラリーチャンピオンシップ (PS3)】

「MURDERED」は「HEAVY RAIN」の世界観で「ゴーストトリック」のシナリオを楽しめるようなアドベンチャーの新規作品ということで期待していたんですが、評価はいまいちのようなのでしばらく待つことにしました。
ちなみに、PS3以外でもPS4とPC版が同時発売。Xbox360とXbox Oneは少し遅れて9/4発売です。

「戦国BASARA4」は廉価版と呼べるほど低価格ではないものの、発売から数ヶ月でダウンロードコンテンツ&DVD付きが5,000円以下で買えるのならお得でしょう。しかし、自分は「戦国無双4」の廉価版待ち。それに、一向に減らない積みゲーの中で時間泥棒のソフトは絶対に買えません。

▼MOVIE

△7/18【複製された男】
△7/19【思い出のマーニー】

「複製された男」はジェイク・ギレンホール主演のミステリー。彼と相手役のメラニー・ロランの存在だけでも観たいと思わせるパワーがありますね。

「思い出のマーニー」は、「借りぐらしのアリエッティ」の米林監督によるジブリの新作。「アナと雪の女王」に話題を奪われたせいか、宮崎駿監督作品でないせいか、ジブリ作品としては存在感がないですが、完成度は問題ないでしょうし、むしろ「風立ちぬ」や「かぐや姫の物語」よりも万人受けしそうな世界観なので楽しみです。

▼DVD

〇7/16【アナと雪の女王】
〇7/23【永遠の0】

今年のエンタメ界で間違いなく主役の座に立つであろう作品が早くもパッケージ化。興行収入も着実に伸ばして「タイタニック」を抜こうという中だったのでもったいない気もしますけど、予約だけで100万枚超えという話もあり、下半期もまだまだ旋風は続きそう。

「アナ」に主役の座を奪われたとはいえ、今年の正月映画の主役になった「永遠の0」もリリースされます。何度も書いていますけど、原作を何度も挫折し、3年かかってもまだ半分しか読めていません。DVDも観るつもりですが、原作を読破するまではレンタルしないつもりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本