昭和の森フューチャーズ2014観戦記

有休が取れたので、4年ぶりのフューチャーズ観戦へ。
4年前は守屋宏紀、近藤大生のWひろきを目的としていて、その後も自分の中ではなかなか彼らの地位を脅かす存在が現れていないので、今回のメンツは物足りなくもあります。二人とも現在はGS予選に出場したりチャレンジャーを廻ったりするランキングになったので喜ばしいことではあるんですけどね。
江原弘泰&西岡良仁あたりが出場していたらテンションも違ったんですけど、彼らも海外に拠点を置いているので全日本選手権に期待するしかないか。

というわけで、今回は2012年の全日本選手権で注目度が上がっていた片山翔と小ノ澤新の二人を中心に観戦。
片山くんは単複共に初戦突破。シングルスは好調という風にも見えなかったものの、そのストロークは経験の少ない若手を押し込むには十分の破壊力。6-3、6-1で勝利しました。
対戦相手の田中亮寛くんはまだ亜細亜大学の1年生だとか。片山くんの伸びのあるストロークに押されながらもよく食らいついていました。しかし、競ったゲームはたくさんあるんですが、デュースからの2ポイントが遠い…。一旦ベースラインから下げられるとなかなか自分のリズムに持ち込めませんでした。
さすがに後半は集中力も落ちてしまったかな。それでも身体が出来上がってくるであろう2~3年後にもう一度見てみたいプレイヤーでした。

ダブルスは片山くんと小ノ澤くんペアが第1シード。相手は若い羽生沢哲朗/小野誠佳ペア。
こちらは6-2、6-2と、予想以上に一方的な試合。昼休憩を挟みすぎたせいで会場に戻るのが遅れ、コートに到着した時には既に第1セットが終了してしまっていました。この二人は組んでいる印象が全くありませんが、まだ初戦で相手とのレベル差があったためか、様々なフォーメーションを試しながら躍動感のあるダブルスを見せてくれました。パワフルな片山くんと、強烈なサービスと繊細なタッチセンスを併せ持ったレフティ、小ノ澤くんは相性もよさそうで見ていて惹き込まれます。それだけに20分程度しか観戦できなかったのが本当に残念。

友人と行ったためにガッツリ観戦というよりはまったりとした一日でしたけど、フューチャーズはツアーレベルとはまた違った雰囲気が面白いですね。先週まで雨続きだったため心配された天気も問題なく、満喫できました。欲を言えば、これまでのようにランキング300位台の選手が一人か二人くらいは出場してくれるともっと盛り上がるんですが。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本