夢売るふたり 他

リアル ~完全なる首長竜の日~ ★★★★☆☆☆☆☆☆
「このミステリーがすごい」受賞作品をなぜかホラー化。黒沢清ファンは満足かもしれませんが、彼の作品を知らず、原作をそれなりに気に入っていた自分は、あまりの設定だけを借りただけの別物であることにしばらく呆気にとられました。B級ホラーなんだということを途中で受け止められるようになった中盤にはまたテイストが変化。必死についていって、物語の全貌が掴めそうになったところであの首長竜の登場ですか…。
展開云々よりもまず、意図的なのかどうか判断できないチープな映像が見るに堪えません。映像だけでなく、役者の演技も酷いです。中谷美紀、染谷将太といった実力のある俳優をあんな風に起用してしまうというのが理解できませんね。さらに原作で姉弟だった関係を幼馴染の恋人同士に変更して、半端に恋愛要素を追加してしまったのもマイナス。瞬間的にはチープさが面白さに繋がったりもするんですけど、本当に僅かな時間でした。
綾瀬はるかは、彼女自身の才能などは別として、映画ではなかなか作品に恵まれないなぁ…。

夢売るふたり ★★★★★★★☆☆☆
経営していた小料理屋が全焼してしまい、再建に奮闘する夫婦の物語。というと聞こえはいいですが、最終的に講じた手段は結婚詐欺。
女性を騙す役を阿部サダヲが違和感なく演じていたのが驚きでした。そして、妻の里子を演じた松たか子は国内ではもうどんな役を演じても女優賞を獲れるレベルですね。序盤は良妻だったのが、浮気発覚をきっかけに一変してからの表情のない目が最高。バラエティなどで見たことがある朗らかで品のある松たか子像は微塵もありません。
でも、怖ろしいだけかというとそんなことはなく、コメディ要素も結構強めなのでテンションが下がることもありませんでした。松たか子が風呂場で阿部サダヲに詰め寄るシーンなんか、本人たちも楽しみながら撮っていたんだろうなあと想像できる名場面に仕上がっています。
里子の心情の変化などがいまいち伝わってこないことや、最後の最後にボンヤリと終わってしまうなど、映画としては中途半端に思える点もあるにはありましたけど、キャストは全員が好演しているので誰が一人でも気になる俳優がいたら観て損はないと思います。

◆西川美和監督作品の評価
「ゆれる」 ★★★★★★★☆☆☆

夢売るふたり [DVD]夢売るふたり [DVD]
(2013/03/06)
松たか子、阿部サダヲ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本