全仏オープンテニス2014展望

アザレンカが欠場することになりましたが、赤土は彼女のベストサーフェスではないのでウィンブルドンや全米に向けて静養というのは得策でしょうね。ランキングが多少落ちてもベストコンディションのアザレンカならさほど影響もなさそうですしね。
というわけで、本戦のドローを見ながら大会を行方を占っていきましょう。

▼セリーナ(1)、リシキ(16)、ヴィンチ(17)、ヴィーナス(28)、シュベドワ

圧倒的にセリーナ有利なブロック。爆発力のある選手は揃っているんですが、みんなウィンブルドン向きなんだよなぁ。故障さえなければベスト8は堅いでしょう。
順当に行けば久々のW姉妹対決が3回戦で実現しますね。実力、コンディション、全仏への適性、あらゆる点でセリーナの方が上ですけど、ヴィーナスにも存在感を示してもらいたいところ。

▼シャラポワ(7)、シブルコワ(9)、ストーサー(19)、カネピ(25)、プイグ

トロフィー奪還を狙うシャラポワは一番嫌なセリーナブロックに入ってしまいました。最近調子を落としてきているものの、全豪でやられている4回戦のシブルコワが難敵でしょうか。しかしシブルコワもストーサーが壁、そのストーサーはストラスブールで優勝したばかりのプイグと当たるドロー。混戦模様ではありますが、やはりシャラポワかシブルコワのどちらかが8強に進出するでしょう。

▼ラドワンスカ姉(3)、スアレス・ナバロ(14)、コルネ(20)、ベスニナ(32)、スキアボーネ

昨年のベスト8を上回りたいラドワンスカは4回戦までは問題なしか。
しかし反対側からはクレーを得意とするスアレス・ナバロとコルネのどちらかが勝ち上がる可能性が高く、特にペースを掴みづらいスアレス・ナバロが好調のようだと嫌な展開になりそうです。

▼ケルバー(8)、ペンネッタ(12)、ブシャール(18)、ダニエラ(31)、キリレンコ、ゲルゲス

ここが最も読めないブロック。最上位はケルバーですが、前哨戦の成績はパッとせず、昨年、一昨年の怖さがありません。武器としているカウンターショットもクレーでは威力半減か…。
となると、今季完全復調を果たしクレーでも実績のあるペンネッタが本命かな。そこに、直前でツアー初優勝を果たし勢いに乗るブシャールがどう食い込んでくるか。ベテラン、中堅、若手がバランスよく入り、なかなか盛り上がりそうです。
キリレンコはチャールストンでの復帰以来いまだ1勝しかできておらず、上位進出を期待するのは酷でしょう。とりあえずは初戦突破してほしいです。

▼クヴィトワ(5)、イヴァノビッチ(11)、サファロワ(23)、スヴェタ(27)、ジョルジ

今季の成績を見る限り、イヴァノビッチを本命視する声が最も多そうですが、上に挙げた他4人が揃って爆発型なので、展開が全く読めません。クヴィトワにはここのところ分が悪いですし。
シードが付いた4人全員にベスト8進出があると思いますが、スヴェタは2回戦のジョルジが怖い存在。何と言っても今季シャラポワやシブルコワを倒しているジャイアント・キラーですからね。

▼ハレプ(4)、スティーブンス(15)、マカロワ(22)、クララ(30)

少しずつGSでも上位進出できるようになってきたハレプ。赤土でも戦えることは十分証明しているので、過去4度出場して1勝しかできていない全仏でも問題ないでしょう。大舞台に強いスティーブンスもクレー向きには見えないですし。
ボトムハーフには全仏で応援したい選手も特にいないので、今回は彼女に決勝進出してもらいましょう!(ただしスヴェタが勝ち上がった場合は話が変わります)

▼ヤンコビッチ(6)、エラーニ(10)、フリプケンス(21)、シルステア(26)、キーズ、ベキッチ、奈良

シード勢にクレー巧者がズラリと揃いました。そうなるとフリプケンスは厳しいか。
シルステアも今季はクレー全敗なので、以前の安定感が戻ってきたヤンコビッチと、調子を落としているようでいてローマで復調の兆しを見せたエラーニの一騎打ちの線が濃厚ですね。
奈良は2回戦でヤンコビッチと激突するドロー。よく当たりますね、この二人。クレーではさすがに分が悪いですけど、まずは初戦をしっかり勝ち切ってもらいたいところ。

▼李娜(2)、ウォズニアッキ(14)、パブリチェンコワ(24)、ペトコ(28)、クルム伊達、土居

セリーナとシャラポワが反対側に入ってくれたおかげで、全豪に続きGS連覇も見えてきた李娜。以前はクヴィトワ同様波が激しかった彼女も今季はかなり安定していますし、オーソドックスなプレースタイルのプレイヤーが揃ったこのブロックを勝ち上がる可能性は高いでしょう。最初の関門は準々決勝かな。
伊達は初戦パブリチェンコワと、土居はペトコと対戦することになりました。伊達は苦手の赤土とはいえ全仏ではそれなりに実績もあるので、調子とフィジカルが上手くハマれば1つ2つ勝つチャンスのあるドローだと思います。

トップハーフはセリーナとシャラポワの準々決勝、ボトムは李娜とハレプの準決勝が山場でしょうか。そうなると結局トップ2の決勝になりそうですけど、個人的にはシャラポワvsハレプが見てみたいです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本