Music Review (2014年4月Part1)

Two Eleven / Brandy ★★★★★★☆☆☆☆
Brandyは90年代後半に大ブレイクを果たしたRodney Jerkinsと組んで地位を築いたタイプなので、彼の旬が過ぎてからは方向性を定めるのに相当苦しんできたことでしょう。前作「Human」では歌に重点を置いて新境地を開拓しましたが、元々歌唱力で勝負してきたアーティストではないので地味になってしまったのは否めず。
その反省からか、今回は彼女の声と相性のいい無機質なトラックが並びます。これは正解でしょう。
しかし、Chris Brownをラップに起用した1stシングル「Put It Down」までの前半は冒険しすぎか。1曲1曲がの展開が平坦ですぐに飽きがきてしまいます。「(5)No Such Thing As Too Late」や「(7)Without You」(こちらはMonicaっぽい)のようにメロウな楽曲もあるのですが、いずれも尖ったトラックに挟まれていて居心地が悪い…。
一転、「(9)Hardly Breathing」以降は3rdアルバム「Full Moon」を思い起こさせる独創的な世界観を持ったハイ・クオリティな楽曲が並びます。デラックス盤(&国内盤)ボーナストラックの「(15)Music」に至るまで隙がないだけに、前半を聴いている段階で気持ちがダレてしまうのが非常に残念。

◆前作の評価
「Human」 ★★★★★★★☆☆☆

「Put It Down」(US65位、US R&B3位)


Love, Marriage & Divorce / Toni Braxton & Babyface ★★★★★★★☆☆☆
引退を考えていたToni BraxtonをBabyfaceが引き止めるために企画したと言われるデュエットアルバム。
しかし、恋愛、結婚だけでなく離婚までもタイトルに出してくるとは…。失恋は美しく描けますが、離婚とは生々しいですなぁ。これも離婚経験者の二人だからこそ出せる大人のR&Bなのか。
男性にしては柔らかいBabyfaceの声と、アルトヴォイスのToniの声の相性は言うまでもなく、「(3)Hurt You」ではドラマチックな掛け合いも聴かせていますし、「(4)Where Did We Go Wrong?」では両者の声が見事に溶け込んでいます。
Babyface単体の「(5)I Hope That You're Okay」もよし。昔はこの人の声も紡ぐメロディも甘ったるくて好きになれなかったんですけど、メロディが軽視されがちな現行R&Bの中では光りますね。この曲の力の抜けた感じ、たまりません。
良曲で固められた前半と比較すると後半やや平凡な気もしますが、歌モノR&B好きなら買い逃し厳禁ですよ。あとは、これをきっかけにToniさんが歌への情熱を再び取り戻してくれることを祈るのみです。

◆Toni Braxtonの前作の評価
「Pulse」 ★★★★★★★☆☆☆

Love Marriage & DivorceLove Marriage & Divorce
(2014/01/30)
Toni Braxton & Babyface

商品詳細を見る

「Hurt You」(US R&B33位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本