空気人形 他

空気人形 ★★★★★★★★☆☆
やり場のない男の愛情と性欲のはけ口となっているラブドールが心を持ったら…。
出世作となった「誰も知らない」、興行的にも大成功を収めた「そして父になる」。どちらも観ていないんですけど、それでも漠然と抱いていた是枝裕和監督のイメージを覆す作品ですね。
主役にペ・ドゥナを起用した時点で本作の成功は確約されていたようなものでしょう。ペ・ドゥナは「復讐者に憐れみを」「グエムル ―漢江の怪物―」「クラウド アトラス」と観てきましたけど、今回が最も魅力的に映りました。片言の日本語が、本当に生命を吹き込まれた人形のようで可愛らしく、劇中で空気が抜けARATA(井浦新)に息を吹き込まれるシーンは大抵のベッドシーンよりもエロティック。
ただ、後半、彼女が人間味を増すごとに展開が平坦になってしまったのが惜しいです。それと、主人公以外に空虚さを抱えた人間にスポットを当てることでかえって物語としての統一感がなくなってしまったのが残念。

◆是枝裕和監督作品の評価
「歩いても歩いても」 ★★★★★★★☆☆☆

空気人形 [DVD]空気人形 [DVD]
(2010/03/26)
ぺ・ドゥナ、ARATA 他

商品詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ★★★★★★☆☆☆☆
非常に難しい立ち位置の作品ですね。
固有名詞連発と唐突な展開は初心者お断りですし、繋ぎの印象が強すぎてコアなファンも満足できるかどうか…。前作はライトなファンでも入り込める、エンターテインメント色の強い内容だったと思うんですが、今作のあまりの鬱展開でそんな記憶も吹き飛んでしまいました。
とにかく、シンジに対しての周囲の扱いが酷すぎ。前作で新たな魅力を見せていたアスカも脇に追いやられているし、築き上げてきたものを一気に崩しにかかっています。四部作の3作目でよく思い切ったなぁという気持ちもありますが、これはやりすぎでしょう。説明不足で観ているこちらもずっと混乱と不快感に包まれてしまいました。
渚カヲル登場でシンジも希望を見出し、ピアノの連弾のような名シーンも飛び出したものの、これがハッピーエンドに繋がらないことはTVシリーズを観た人なら誰にでも予想できるでしょう。
単体では楽しめたとは言い難いところですけど、まだ次への興味は尽きていません。完結編での盛り返しに期待。

◆前作の評価
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 ★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本