'14 2/14 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(3)1. Drunk In Love / Beyonce feat. Jay-Z <4,1>
(1)2. Say Something / A Great Big World & Christina Aguilera <6,1>
(2)3. Dark Horse / Katy Perry feat. Juicy J <4,2>
(13)4. Talk Dirty / Jason Deluro <2,4>
(4)5. Timber / Pitbull feat. Ke$ha <7,4>
(NEW)6. Happy / Pharrell Williams <1,6>
(8)7. Let Her Go / Passenger <8,7>
(5)8. Counting Stars / OneRepublic <8,5>
(9)9. Team / Lorde <3,9>
(7)10. Wake Me Up! / Avicii <14,1>


グラミーのオープニング・アクトを務めたBeyonceが首位に浮上。BeyonceにとってはLady GaGaと組んだ「Telephone」以来、2曲目のナンバーワン。客演のJay-Zにとっては初のナンバーワンになります。
しかし、上位はまだ混戦で、2~4位あたりの曲にはまだまだチャンスが転がっています。

そこに割り込んできそうなのが6位初登場のPharrell Williams(ファレル・ウィリアムズ)。
昨年公開された映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」の主題歌で、Best Original Songとしてアカデミー賞にもノミネートされています。
曲としては特筆すべきものもないように思えますけど、昨年の「Get Lucky」や「Blurred Lines」のヒットの立役者となった勢いがそのまま持ち込まれていますし、PVを観ていると、感動的なバラードや無理矢理テンションを上げるダンスミュージックではなく、自然体のこんな音楽がヒットするのはまさに"HAPPY"な証拠なんだなと思わされますね。


(10)11. Royals / Lorde <13,2>
(11)12. Pompeii / Bastille <3,11>
(6)13. The Monster / Eminem feat. Rihanna <8,1>
(14)14. Do What U Want / Lady GaGa feat. R. Kelly <7,10>
(12)15. Story Of My Life / One Direction <8,11>
(16)16. Wreckin Ball / Miley Cyrus <11,4>
(20)17. Hold On, We're Going Home / Drake feat. Majid Jordan <12,2>
(18)18. Burn / Ellie Goulding <5,15>
(15)19. Feel Good / Robin Thicke <2,15>
(NEW)20. All Of Me / John Legend <1,20>


久々に動きの小さい11位以下ではJohn Legend(ジョン・レジェンド)が初登場。一昨年の「Tonight (Best You Ever Had)」(9位)以来のトップ20入りとなりました。全米でも初のトップ20入りを果たしたこの曲、彼の中で飛び抜けて優れているとは思いませんけど、EDMが相変わらず強い中、こういうメロディ重視のR&Bの復権を求める声も確実に強まっているんでしょうね。
買いそびれていたアルバム、中古屋で探してみようかな。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽チャート
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本