イノセント・ガーデン 他

マジック・マイク ★★★★★★☆☆☆☆
男性ストリッパーのサクセス・ストーリー。
と聞けば当然のように「フル・モンティ」を思い出してしまうんですが、こちらはかなり正統派の青春物語。
ストリッパー出身のチャニング・テイタム(マイク)ばかりが話題に上っていたので彼の自伝的な内容になっているかと思いきや、実際はアレックス・ペティファー演じるアダムとのW主演のような形。アダムがクスリと女に溺れていくという典型的な"堕落してゆくスター"なのに対し、彼をその世界に導いたマイクは恋に落ちたことをきっかけに自分を見つめ直すという、その対比が面白いです。
まぁ、ストーリー自体は突出したものがないので、あとはステージパフォーマンスを楽しめるかどうか。裸の男ばかりなので当然女性向けながら、その見事な肉体美とダンスはR&Bアーティストのライヴを観ているようで男目線でも楽しめました。感化されやすい人なら観賞後に筋トレしたくなること請け合いです。

イノセント・ガーデン ★★★★★★★★☆☆
パク・チャヌク監督のハリウッド進出第一弾。
復讐三部作が代表するように強烈な描写が印象的な監督がハリウッドとなると、薄味で平凡な作品に成り下がってしまうんじゃないかという不安はありましたが、半分は予想的中。同じじとっとした作風でも、例えば霧のようにうっすら湿り気を帯びたイギリス映画のような雰囲気なので、水が滴り落ちるような独特な緊張感を持った韓国サスペンスの世界でハリウッド俳優たちが動く姿を期待すると肩透かしを食らうと思います。
とはいえ、欧米の映画としてはやはり斬新です。
観賞から1ヶ月経った今でも心に残っているのは、パク監督らしいピアノの旋律と、眉間にしわを寄せたミア・ワシコウスカの表情。ミアは「アリス・イン・ワンダーランド」の過去が打ち消されるほどどんどん化けていきますなぁ。本作でもノーメイクっぽい地味な顔ながら、バッチリ化粧で美しいニコール・キッドマンを忘れるほどの存在感とエロティシズムを放っています。直接的な描写ほとんどなしで、10代の少女の中で欲望が育ち爆発する様がはっきり見て取れ、ゾクゾクしました。

◆パク・チャヌク監督作品の評価
「渇き」 ★★★★★★★☆☆☆

イノセント・ガーデン [DVD]イノセント・ガーデン [DVD]
(2013/12/04)
ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本