2014年2月前半の注目作

▼MUSIC

◎2/12【BEYONCE / Beyonce】

ビヨンセ(DVD付)ビヨンセ(DVD付)
(2014/02/12)
ビヨンセ

商品詳細を見る

12月、何の予告もなくリリースされ話題にさらった作品がいよいよ日本でもパッケージ化。輸入盤は年末にリリースされているので今更感はあるものの、iTunesは利用しないという人も大勢いるでしょうし、個人的にはDVDが付いているのが大きいです。既にiTunesで購入済の自分も欲しいくらい。

△2/5【Yours Truly / Ariana Grande】
△2/5【Love, Marriage & Divorce / Toni Braxton & Babyface】

全米1位を獲得したAriana Grandeのデビューアルバムがついに日本でもリリース。遅れた分を取り戻すべく、日本盤はボーナストラック3曲追加&DVD付の初回限定盤が同時発売。初期のMariah Careyを彷彿とさせる伸びやかなヴォーカルは日本でもヒット間違いなしでしょう。
そして、時代に合わせて作風を変えながらなかなかその波に乗れなかったToni Braxtonが、名作「Secrets」の再来とばかりにBabyfaceとガッツリ組みました。この人はEDMで輝くタイプではないからこれが正解でしょう。

▼GAME

〇2/6【ソウルキャリバー ロストソーズ (PS3)】
△2/6【ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 (3DS)】
△2/6【ぷよぷよテトリス (3DS)】

「ソウルキャリバー ロストソーズ」はバンダイナムコが力を入れつつある基本無料(FPS)ゲーム。βテストは接続すらままならず、楽しめたとは言い難いですが、元々は「バーチャファイター」や「鉄拳」シリーズよりも好きなゲームだったので久々に遊んでみる予定です。格闘ゲームなのに対戦なしというのは驚きですけど、オンライン対戦は敷居が高いという人も多いでしょうし、個人的にも大歓迎です。

▼MOVIE

△2/7【ラッシュ / プライドと友情】
△2/15【大統領の執事の涙】

ダニエル・ブリュールがついにハリウッド作品の主演クラスの役を与えられました。彼が出ていなければ興味も持たなかったであろう題材ですが、評判もいいようですし、いずれ観てみるつもりです。

▼DVD

◎2/5【我らジャンヌ ~少女聖戦歌劇~】

まさか自分がBeyonceのDVDをスルーして、ハロプロのミュージカルDVDを買うことになるとは…。
もちろん、目当てはハロプロじゃありません。昨年、僕の生活の中心には山本匠馬の演技があったと言っても過言ではありませんでした。過去の作品を漁りまくり、作品ごとに全く違う役作りにどれだけ惚れ込んだことか。「我らジャンヌ」はチケット代の高さもあって手が出なかったんですけど、作品自体の評判もよかったですし、今回も期待を裏切らない演技と歌を見せてくれるはず。発売日が楽しみです。

△2/5【トランス】
△2/5【愛を読むひと <廉価版>】

「トランス」はダニー・ボイル監督のサスペンス。最近のダニー・ボイルは当たり続きですし、主演がジェームズ・マカヴォイというだけで期待値が上がります。
「愛を読むひと」は、傑作揃いだった2010年の年間ベストでも上位に選出した作品です。観賞時のレビューはこちら。これを機に、もう一度観てみたいところです。

▼PLAY

◎2/7【朗読「東京」】

reading_tokyo.jpg

山崎樹範のブログで突然発表があったことでチケットを即購入。中村中(あたる)さんとの共演だとか…。
朗読劇は初めてですけど、やましげもあまり経験のないようなので、いつもと違う初々しくて真面目な姿が見られるんじゃないかな。
ちなみに、この企画自体は9日までの3日間行われますが、やましげが出演するのは7日のみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本