全豪オープンテニス2014 準決勝

Na Li (4) - Eugenie Bouchard (30) 6-2, 6-4
Dominika Cibulkova (20) - Agnieszka Radwanska (5) 6-1, 6-2


天国から地獄…ではあるんですが、ここまで一方的だとまだ諦めがつくかな。ラドワンスカはシブルコワに完敗でした。
ハイライトとスタッツでしか確認できていないんですけど、シブルコワの強打に押されて思うような展開ができなかったのがはっきりと見えてきます。アンフォーストエラーはシブルコワの20より多い24。たった15ゲームで終わった試合でこれだけミスをするラドワンスカはあまり見たことがありません。難敵を退けたことで気が緩んだり、GSタイトルが近づいたことによるプレッシャーもあったかもしれませんが、やはりあれだけ攻撃的なテニスをされると為す術がなくなってしまうのがラドワンスカの弱点ですね。2ndサービスポイント獲得率がたった13%だったというのもそれを証明しています。2ndの平均スピードが111km/hというのはさすがにキツい…。

シブルコワはスロバキア人プレイヤー初のGS決勝進出を果たしました。若くして上位に食い込みながらアザレンカ、ラドワンスカ、クヴィトワ、ウォズニアッキの陰に隠れていた彼女。161cmというテニス選手としても不利な体格でありながら、すべてのショットに全身全霊を傾けてトッププレイヤーにも一歩も退かないテニスは応援したくなるものがあります。

もう一方の準決勝は、経験に勝る李娜が若いブシャールを退けて2年連続3度目の決勝進出を決めました。元々高い能力を持ちながら安定感に欠けるイメージがありましたが、全豪での彼女の強さは目を瞠るものがありますね。3回戦のサファロワ戦で敗退寸前から復活すると、その後は実力者たちに完勝。この調子を持続すればタイトルは目の前でしょう。

ブシャールはここまで落ち着いた勝ち上がりを見せていましたが、さすがに準決勝の雰囲気には呑まれてしまった模様。立ち上がりの5ゲームを連取されたのが痛かったですね。トップ選手相手に先行を許して余裕を与えてしまってはいけません。それでも、これでトップ20入りを確定させたようですし、今回もベスト4の満足感よりも準決勝で負けた悔しさの方が上回っているようですから、この気の強さが今後の活躍に繋がると期待しています。

というわけで、決勝は李娜vsシブルコワになりました。両者の対戦成績は李娜の4戦全勝。GS決勝の経験値から考えても李娜の圧倒的優位は揺らがないでしょう。
しかしシブルコワも、シャラポワ、ハレプ、ラドワンスカといったタイプの違う強豪を次々と倒して自信を深めていますから、決勝の雰囲気に動じることなく実力を発揮できればチャンスはあると見ています。
ここまで来たら、シブルコワにタイトルを取ってほしい!
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

残すは男子決勝

シブルコワもあっけなくリ・ナに負けてしまいましたね。
私としてはこの顔合わせになったので、全く見てなかったんですけど。^^;

男子はいぬふくさんのご希望通り、Rafa vs ヴァヴリンカとなりました。

Rafaはフェデラーにはほんとに強いですね。
左のフォアのあのすごいスピンでバックに打たれると、
シングルバックハンドには相当キツイんでしょうね。
私も一応(^^;)シングルバックハンドですが
バックに弾むボール打たれると全然ダメですもん。
一緒にするのはおこがましいですね。

関係ないですが、ヴァヴリンカの鼻がいつも赤いのが気になります。v-7

テッド

女子決勝はスコアほど一方的な内容ではありませんでした。
が、やはりリ・ナが素晴らしかったです。

男子はまさかのバブリンカ優勝!
試合は観ませんでしたが、あのトップスピンにどう対応したんでしょうか。
シングルバックハンドの選手はスピンを打たれると大きくポジションを下げるか、スライスで抑え込むしかありませんもんね。
しかし、今回はバブリンカやディミトロフがナダルを攻略し始め、男子テニスも新時代に突入したのかなと思わされました。

バブリンカは赤鼻のせいか、クマのぬいぐるみみたいに見えるのが可愛く見えます(笑)
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本