Brisbane International

 <Quarterfinals>
Serena Williams (1) - Dominika Cibulkova (9) 6-3, 6-3
Victoria Azarenka (2) - Stefanie Voegele 6-4, 6-7 (7-9), 6-1
Maria Sharapova (3) - Kaia Kanepi 4-6, 6-3, 6-2
Jelena Jankovic (4) - Angelique Kerber (5) 6-7 (8-10), 6-3, 6-1

 <Semifinals>
Serena Williams (1) - Maria Sharapova (3) 6-2, 7-6 (9-7)
Victoria Azarenka (2) - Jelena Jankovic (4) 1-6, 6-3, 6-4

 <Final>
Serena Williams (1) - Victoria Azarenka (2) 6-4, 7-5


まだペースが掴めない開幕戦なのでそれなりに荒れるかと思いましたが、トップ4シードが順当に準決勝に進出。さらに決勝はトップ2の対決となり、最後はナンバーワンのセリーナが貫録を見せつけた形でした。
アザレンカとシャラポワの打倒セリーナはひとまず全豪までお預けですね。しかし、特に半年ぶりのツアー復帰となったシャラポワは心配された方の影響もさほど感じさせず、ファンを安心させる結果となりました。

裏のオークランドではヴィーナスが決勝に進出したものの、イヴァノビッチに惜敗し、1999年以来の姉妹同時優勝とはなりませんでした。
それでも、全豪と相性が悪くスタートダッシュで躓く傾向の強いヴィーナスが前哨戦からしっかり戦ってくれるのは嬉しい限りです。全豪でシードが付く可能性は限りなく低いですけど、ドローに恵まれて大会を盛り上げてほしいと切に願います。
こちらでは日本人も大活躍。トップ20プレイヤーには敵いませんでしたが、若い奈良と石津がベスト8入りし、幸先のいいスタートを切りました。奈良に完敗だった森田も初戦ではサファロワに勝つなどまずまず。全豪は日本人にとっても戦いやすいサーフェスだと思うので、女子も2人くらいは3回戦進出を果たしてほしいですね。

また、もう一つの大会、中国では地元勢の決勝戦となり、国の期待を背負う李娜が安定した強さを見せました。
こちらのトピックはヴェラの復帰でしょう。肩の故障を乗り越え、一昨年の五輪以来となる公式戦はいきなり李娜と当たるアンラッキードローでしたが、ひとまず戦い抜いてくれたことに一安心。20代後半でこれだけの大きな怪我をしながら戻ってきたんですから、しばらくは結果を気にせずテニスを存分に楽しんでもらいたいところです。

ホップマンカップではツォンガとコルネを擁するフランスに敗れ準優勝に終わったものの、ポーランドのエースであるラドワンスカ姉はシングルス全勝と相変わらずの安定感。トップ5はさすがの調整力ですね。さらにこの5人は全豪でも実績を残していますから、今季も最初から熱いバトルが楽しめそうです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本