楽天ジャパンオープン予選観戦記

エントリーしているプレイヤーがいつになく寂しい面子だったので結局本戦を観戦することはやめてしまったものの、無料なら観て損はないということで、テニス観戦未経験の友人を誘って予選観戦に行ってきました。

1試合目から目当てのハリソンくんでしたけど、正午開始だったため早めに会場入りして練習コートへ。
いきなりデル・ポトロを発見し、コート脇に集まるたくさんのファンを見てさすがトップ10と感心したものの、よく見るとみんなの注目は奥のコートで練習している錦織くんでした。錦織くんはATP SUNDAYの公開練習にも登場するというのに、外でも何度も練習したり、Wilsonのブースでトークショーやサイン会も行うなどかなり忙しそう。賑わっているところには必ず彼がいるという感じでした。

そういえば、まさかのクラヤンコーチも発見しましたよ。ロブソンとのタッグを解消してからの動きが分かりませんでしたけど、マルコス(バグダティス)と組んでいたんですね~。確かにストイックさが女子選手には不評だっただけに、陽気なマルコスとは相性がいいのかもしれません。

で、2年ぶりのハリソン。対戦相手はLacko(ラコかラッコかと思っていたら主審の発音はラツコでした)。
序盤からラツコが好調でアンフォーストエラーがほとんどありません。ハリソンの伸びのあるフォアもバックハンドスライスでのペースチェンジもことごとくライジングで切り返され、主導権を握られっぱなし。ハリソンも決して調子が悪かったとは思いませんが、第1セットはノーチャンスで2-6。ポイント間に動く観客に何度もクレームを付けるなど、相当苛立って見えました。
しかし、彼は簡単には崩れません。2セット目に入るとラツコの速い展開にも粘りで対抗し、ミスを引き出したりラリーを押し返すようになります。結局先にラケットをコートに叩きつけたのは、クールにプレーしていたラツコの方。試合がフルセットに縺れると素人目にもはっきり判るメンタルの乱しっぷりで自滅していきました。
ハリソンくんはイライラしても集中を切らさないあたり、若い時からトップレベルの経験を積んできたプレイヤーだなという印象を受けますし、アメリカ人には珍しくロングラリーでポイントを奪っていくスタイルも好みです。ただ同時に、若い選手が持つ爆発力には欠けるんですよね。ここがトップ選手に通用しない理由でしょうし、一発の破壊力にしろ、スライス以外の変化にしろ、相手をビビらせるだけの武器を身に付けてもらいたいところです。

次の目当てはキューディネリでしたが、ハリソン戦で燃え尽き気味だったのと、なぜか満員でいい席が確保できなかったために数ゲーム観ただけで離脱し、練習コート廻りに切り替えました。
再びの錦織くんの反対側で関口くんと練習していたのは守屋宏紀。昨日の1回戦で負けてしまったために姿を拝めないと思っていたので、練習といえど観ることができてよかった! ランキング通りショットのクオリティも着実に上がっていますね。ライジングで正確にコントロールされたバックハンドストロークは芸術の域。これを試合で見たいけど、全日本には出場しないだろうし、仕事が休めるようなら慶應チャレンジャーに賭けるしかないか…。

ATP SUNDAY優先なのか、外で練習するトッププレイヤーが例年に比べると少ない気がしましたけど、天候にも恵まれて開放的な気分になれました。個人的には試合の緊張感や外で練習する選手のリラックスした表情が好きなのでATP SUNDAYには惹かれないんですが、錦織くんをきっかけにテニスに興味を持ったファンにアピールするには効果的なイベントなんでしょうし歓迎します。
それにしても、もう諦めていますけど、ユーズニーは今年も来てくれなかったな…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ほんとに残念な大会になりました

せっかくきてくれたツォンガやブライアン×2も早々に負けて
ちょっと残念な大会でしたね。

それよりもっと残念だったのは、tennisnakamaさんのブログで知った
デル・ポトロの投げたタオルを取ろうとして負傷された方のお話。

男性がダイブしてきてそのせいで怪我をされて、
さらに大会側がその処置をしたがらなかったという話は
ほんとに情けないです。

自分が怪我させたにも拘わらず、無視した男性にも
処置に行った女性に「選手用だから」と
なかなか救急処置をしなかったという大会側にもほんとに怒りさえ覚えます。

その話がほとんど知られていないことにも驚きです。
オリンピック、パラリンピック大丈夫かしらと思いました。

タオル事件

個人的にはシモンの欠場が残念でしたが、決勝がデル・ポトロvsラオニッチになってATPファンも満足のいく結果だったんじゃないでしょうか。

で、デル・ポトロのタオルの件、僕も初耳だったのでtennisnakamaさんのブログを読ませていただいたんですけど、正直なところまだ半信半疑といったところです。
検索してもそのブログしか引っ掛からなくて。
ニュースサイトだけならまだしも、国民総マスコミと呼べるくらいブログやTwitterが普及している現在に、これだけの事件が全く話題に上らないというのは考えにくいように感じます。

ただし、救急処置についてはある程度は理解できます。
自分も10年ほど前、観戦中に蜂に刺されたことがあったんですけど、やはり「選手用だから」というようなことを言われ、最終的には処置してもらえたものの、不満は残りました。
ただ、選手用と一般用を同じにしてしまうと新たな問題が発生するでしょうし、いろいろ難しいところもあるんだろうなという思いもあります。

何にせよ、情報源や複数の人間からの情報がないことには何とも言えませんね。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本