クラウド アトラス 他

クラウド アトラス ★★★★★★★★☆☆
6つの時代と場所で描かれた輪廻転生の群像劇。同じ人物がそれぞれのエピソードに全く異なる役で登場するのが特徴です。トム・ハンクスは馴染みのある顔だからか全役気付いたものの、他はエンドロールの種明かしで驚かされる役も多く、それも楽しみの一つとなっています。
一般に訴求するキャストはトム・ハンクスやハル・ベリーでしょうし、個人的に期待していたのはジム・スタージェスだったんですけど、観賞後に印象に残っていたのは近未来のクローンを演じていたペ・ドゥナと音楽家役のベン・ウィショー。
はっきり言って物語は細かく理解できたとは言い難いし、登場人物の特殊メイクも違和感ありまくりだし、欠点は山ほどあります。3時間近くの上映時間でも描き足りず、観賞後にスッキリしない人も多いでしょう。それでも、細かいエピソードだけでも魅力に溢れていて、飽きっぽい自分でも最後まで楽しめました。これが米タイム誌で2012年のワーストに選ばれたとは信じられない…。
解りづらい分観るたびに新たな発見がありそうなので、いずれブルーレイを購入して繰り返し観賞したいものです。

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/07/10)
トム・ハンクス、ハル・ベリー 他

商品詳細を見る

ファミリー・ツリー ★★★★★★☆☆☆☆
事故で意識不明になった妻が、実は不倫中だったことを知る主人公。さらに不動産売却やどう扱っていいか分からない娘たちなど、問題山積みでポジティブ要素皆無のはずなんですが、ハワイを舞台にしたことでジメッとした感じを受けません。しかし、同監督の「サイドウェイ」といい、コメディ色も取り入れつつのアメリカのハート・ウォーミングドラマというのはどうも自分に合わないらしく、今回も妙に冷静に観てしまいました。
ジョージ・クルーニーは情けない夫役を上手く演じていたんですけど、これも彼にダンディなイメージを持っている人の方が楽しめるでしょうね。個人的には娘二人の演技の方が印象的でした。特に次女の方は「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリンを彷彿とさせます。加えて、長女のボーイフレンドのチャラ男っぷりもなかなかの面白さ。キャラが立っているだけに、もう少し展開にメリハリがあると自分好みに仕上がった可能性もあるんですが…。

◆アレクサンダー・ペイン監督作品の評価
「サイドウェイ」 ★★★★★★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本