全米オープンテニス2013 前半戦

 <Third Round>
Serena Williams (1) - Yaroslava Shvedova 6-3, 6-1
Victoria Azarenka (2) - Alize Cornet (26) 6-7 (2-7), 6-3, 6-2
Agnieszka Radwanska (3) - Anastasia Pavlyuchenkova (32) 6-4, 7-6 (7-1)
Na Li (5) - Laura Robson (30) 6-2, 7-5
Camila Giorgi - Caroline Wozniacki (6) 4-6, 6-4, 6-3
Alison Riske - Petra Kvitova (7) 6-3, 6-0
Angelique Kerber (8) - Kaia Kanepi (25) 6-0, 6-4
Jelena Jankovic (9) - 奈良くるみ 6-4, 7-6 (7-5)
Roberta Vinci (10) - Karin Knapp 6-4, 6-3
Ana Ivanovic (13) - Christina McHale 4-6, 7-5, 6-4
Simona Halep (21) - Maria Kirilenko (14) 6-0, 6-1
Sloane Stephens (15) - Jamie Hampton (23) 6-1, 6-3
Ekaterina Makarova (24) - Sabine Lisicki (16) 6-4, 7-5
Carla Suarez Navarro (18) - Jie Zheng 6-2, 6-4
Flavia Pennetta - Svetlana Kuznetsova (27) 7-5, 6-1
Daniela Hantuchova - Julia Glushko 3-6, 7-5, 7-6 (7-4)


シャラポワの欠場で優勝争いを見届ける楽しみは最初から失われていましたけど、ウォズニアッキ、キリレンコ、そしてスヴェタがここで消えてしまったことによってこの時点でかなりのテンションダウン。
まぁ、キリレンコは絶好調のハレプが相手なので厳しいとは思っていましたし(ここまでの完敗とは予想していませんでしたが)、スヴェタは前哨戦で1つも勝てなかったので、シードを守っただけでもよしとしましょう。何より、東レPPOにエントリーしているので大きな故障の話もなく終えられたことが嬉しいです。出場が叶えば3年ぶりとなりますね。自分も2008年を最後に生のスヴェタを見ることができていないので、ぜひ来日を果たしてもらいたいところ。

日本勢は森田が欠場し、他も初戦敗退が続く中、予選を勝ち上がった奈良くるみが唯一初戦を突破。その勢いで2回戦ではシルステアを倒して自身初のGS3回戦進出を決めました。ヤンコビッチには惜しくも敗れたものの、彼女に「私より素早い」と言わしめるほどのプレーを見せたようで今後に期待を持たせてくれました。
2010年に101位まで上がりながらもその後故障でランキングを落とし、その後もなかなか戻ってこられなかったので、正直ここまでかと諦めかけていたんですが、簡単に見放していた自分を反省いたします…。今後はツアーレベルで安定した成績を残して、停滞気味の日本女子に刺激を与えてほしいですね。

 <Fourth Round>
Serena Williams (1) - Sloane Stephens (15) 6-4, 6-1
Victoria Azarenka (2) - Ana Ivanovic (13) 4-6, 6-3, 6-4
Ekaterina Makarova (24) - Agnieszka Radwanska (3) 6-4, 6-4
Na Li (5) - Jelena Jankovic (9) 6-3, 6-0
Carla Suarez Navarro (18) - Angelique Kerber (8) 4-6, 6-3, 7-6 (7-3) 
Roberta Vinci (10) - Camila Giorgi 6-4, 6-2
Flavia Pennetta - Simona Halep (21) 6-2, 7-6 (7-3)
Daniela Hantuchova - Alison Riske 6-3, 5-7, 6-2


お気に入りの中で唯一の生き残りだったラドワンスカ姉もここで敗退。ハードコートでも強い選手なんですが、なぜか全米とはあまり相性がよくないんですよね。

さらに快進撃を続けていたハレプも姿を消してしまいました。好調期でドローにも恵まれていただけに残念ですけど、これまでは2回戦も一度しか突破できていなかったことを考えれば十分な結果と言えるんじゃないかな。この調子を保って東京でパワーアップした姿を見せてもらいましょう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

結局

今年はイタリア勢が目立った気がします。
ジョルジュって全然知らなかったのに、あれよあれよと…。
それに突然のペンネッタの復調。

結局決勝はセリーナvsアザレンカ。
どっちも好きなタイプじゃないから、かなりテンション低いです。

男子もやっぱりRafa vs ジョコですが、こっちは楽しみです。

女子のジュニアでSFまでいった日比万葉が、シングルバックハンド!
フォアも両手打ちの選手が多いのがつまらないと思っていたから
かなりうれしいです。

このまま伸びてくれるといいなぁ。。。

全米はどうも毎年あまりおもしろくないんですよね。
なんでかしら。
一度GSを見に行きたいですが、絶対ここは選ばない。^^;

とりあえず今日は女子決勝ですが、明日の結果チェックだけにいたします。

盛り上がらない全米

イタリア勢はハードヒットに頼らないプレースタイルのせいか、晩成型が多いですね。
しかし、さすがにピークを過ぎた感のあったペンネッタが故障から戻ってきたのには驚きでした。
ジョルジは昨年のウィンブルドンのベスト16が印象的ですが、ウェアの話題性の方が先行してプレーはまだ未見です。
しかし、ダニエラ系の美人なので今後人気を博しそうですね。

決勝は自分も興味薄です。
せっかく週末になって時間ができたと思ったのに。
男子はユーズニーかバブリンカが決勝に来てくれればよかったんですけど、さすがにジョコの壁は厚かった…。

日比万葉のシングルバックは自分も興味あります。
今季の活躍を見る限り東レの予選WCの可能性もありそうですし、実現したら実際にプレーを確認してみたいですね。
しかし、純国産でなかなかこういうセンスを秘めたタイプが育ってこないのが複雑なところ。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本