桐島、部活やめるってよ 他

恋の罪 ★★★★★★★☆☆☆
学生時代に水野美紀が好きだった自分はいきなりのフルヌードに驚かされましたが、彼女は狂言回しに徹しているだけ。実質的な主役は神楽坂恵でしょう。これまで演技力は酷いレベルだと思っていた神楽坂恵が、いや、むしろあの素人っぽさが地味な主婦が性に目覚めていく様を最高の形で表現しているんです。鏡の前で全裸になって試食販売の練習をするシーンなんて、笑えるんだけどリアリティがあって怖いんだよな…。
ヴァンパイアのようなメイクの富樫真も強烈。大学で講義中の姿とのギャップや穏やかな調子で義母と罵り合うシーンなど見所満載で、今後どんな場面を見せてくれるんだろうという期待で最後までモチベーションを保つことができました。映像やセリフのインパクトが大きい割に物語自体は淡白なので、観る人をだいぶ選ぶ作品ではあるんですが、観賞後にしばらく抜け出せない世界観は不思議な魅力を備えています。

◆園子温監督作品の評価
「ヒミズ」 ★★★★★★★★☆☆
「冷たい熱帯魚」 ★★★★★★★☆☆☆
「愛のむきだし」 ★★★★★★★☆☆☆

桐島、部活やめるってよ ★★★★★★★★☆☆
予告編を観る限り、「告白」のように斬新な映像や音楽でインパクトを与える作品かと思っていましたが、意外にも原作の雰囲気を崩すことなく、より解りやすく仕上げてきたなというのが最大の印象。学生生活ってこんなに窮屈だったかなぁという感想も同じです。
しかし、映画版は周囲にとって桐島という存在がより重要になり、彼の不在による混乱が明確になっています。本作の実質的な主役は、桐島の親友であり、顔よし運動神経よしの宏樹でしょうか。すべてを持っているようで実は空虚という点が上位グループの象徴であり、終盤の映画部の逆襲に上手く繋がっていきます。彼を演じた東出昌大は演技力には疑問が残りますが、モデルということもあり、居るだけでそのシーンに説得力を持たせるような存在感がありました。
でも個人的には、原作で最も好きだった風助(太賀)と、バドミントン部員の実果を演じた清水くるみがMVP。ここ数年、映画やTVドラマで学園モノを観る機会が何度かありましたけど、将来性豊かな若手俳優がたくさん出てきて楽しみですね。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組)
(2013/02/15)
神木隆之介、橋本愛 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本