Music Review (5月)

Up All Night / One Direction ★★★★★☆☆☆☆☆
失礼な言い方かもしれませんが、ティーンのハートを掴むお手本とも言えるアルバム。主要曲はNicki Minajの「Starships」や「Pound The Alarm」などを手掛けたRami YacoubとCarl Falkのスウェーデン系プロデューサーが手掛けていて、Backstreet Boys(BSB)やWestlifeといった2000年前後のボーイズ・グループの血が受け継がれています。
それにしても、久々にボーイズ・グループのアルバムを聴くと大半がアップで占められていてそのキラキラ度合が眩しすぎたり、来日時に精力的にプロモーションしていたのに2~3人の顔しか判別できなかったり、CD音源になるともはや声の区別が付かなかったり、自分が歳を取ったことを改めて実感させられます。半分の歳だもんなぁ。

「(1)What Makes You Beautiful」(US4位、UK1位)


Take Me Home / One Derection ★★★★★☆☆☆☆☆
「(3)Little Things」をシングルカットしたように1stよりはバラード率が増えて変化がついているけど、それでもアップが多め。それが彼らのカラーなのは2作聴いて理解できましたが、進化が感じられないのでやはりアルバムを通して聴くのはツラいです。1stシングルの「(1)Live While We're Young」は彼らの中では最も好きな曲なんですけどね。他のアーティストとシャッフルして曲単位で聴くのならまた評価が変わってくると思います。
しかし、こうなると早くも3rdアルバムの路線が気になりますね。BSBのように大人でも楽しめる代表曲を出すか、'N Syncのように中心メンバーが劇的な成長を遂げるか、どうやって今の人気を持続していくつもりなんでしょうか。グループになると方向性を定めるのもなかなか大変でしょうけど、さすがに3作連続同路線もないでしょうし。

「Live While We're Young」(US3位、UK3位)

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本