バーチャルコンソールレビュー vol.4

何と4年ぶりのバーチャルコンソール(VC)レビュー。どちらも3年ほど前にダウンロードしていたんですけど、さほど遊ばずレビューもし忘れていました。Wiiのバーチャルコンソールレビューもこれが最後でしょう。そのうち3DSやWii Uを買えばVCを使用する機会もあるかもしれません。

星のカービィ スーパーデラックス (SFC) ★★★★★★★☆☆☆
1996年作品。カービィシリーズはDSの「参上!ドロッチェ団」以来2作目のチャレンジです。
低年齢層でも楽しめるようにゴリ押しでも進めるバランスでありながら、隠しコースなどを含め隅々までやり込むとなるとコピー能力を駆使しなくてはなりません。この塩梅が絶妙。
ゲームモードも豊富ですね。プレイ時間も難易度も様々で、その時の気分によって全く違う遊び方ができますし、2人同時プレイができるところも嬉しいところです。
ただ、個人的にはあのフワフワとした操作感がどうしても好きになれません。もう少しスピーディーに動いたり、敵を倒した時の爽快感が欲しいものです。まぁ、低年齢層向けのゲームにそんな注文をつけること自体がナンセンスだということは十分に理解していますが…。
(プレイ時間:3時間以上)

◆シリーズ作品の評価
「星のカービィ 参上!ドロッチェ団 (DS)」 ★★★★★★★★☆☆

悪魔城伝説 (FC) ★★★★★★★☆☆☆
これまでで好きなゲームを10本挙げろと言われたら、ファミコンの「悪魔城ドラキュラ」は間違いなく入るでしょう。制限の多かったファミコンでは最高峰のグラフィックとBGMで、ゴシックホラーの雰囲気を十分に醸し出していました。
アクションRPGになった「2」には批判が相次ぎ、1989年に発売されたこの3作目は純粋なアクションへ戻りました。操作感はまさしく初代そのもので、分岐があったり、主人公以外のキャラを使用できるようになったり、遊び方の幅は広がりました。でも結局、ムチ使いの主人公を操作している時が一番楽しいんですけどね。
とまあ、クオリティの面では何の不満もないんですが、救済措置が山ほど用意された最近のゲームに慣れてしまった今となっては、失敗を重ねながら再挑戦を続ける根気はなくなってしまいました。昔は結構な難易度を誇った初代もクリアしたのに、これはエンディングに到達できる気がしません。
(プレイ時間:バーチャルコンソール版のみで約3時間)

◆シリーズ作品の評価
「悪魔城ドラキュラX ~血の輪廻~ (PCE)」 ★★★★★★★★☆☆
「ドラキュラ伝説Rebirth (Wii Ware)」 ★★★★★★★☆☆☆

シリーズ特集記事はこちら
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本