2012 BEST SINGLE

2009年のLady GaGaや2011年のAdeleのように、出せばヒットというようなその年を代表するアーティストは生まれなかった2012年。しかし、fun.やGotye、Carly Rae Jepsenといった異なるジャンルから無名のアーティストが特大ヒットを放つなど、チャートウォッチャーとしては面白い1年でした。
しかし、R&Bの失速は歯止めが利かず。もうこのジャンルにセールスで期待するのは難しいんでしょうか…。唯一、Frank Oceanの成功が明るいニュースだったかもしれません。

※曲名クリックでPVを視聴できます

1. Tonight (Best You Ever Had) / John Legend feat. Ludacris
この曲を年間ベストに選んだ人はどのくらいいるんだろう。映画「Think Like A Man」(日本未公開)のサントラ曲ということでほとんど話題になりませんでしたが、こういう正統派のR&Bが今ではすごく新鮮。John Legendの甘い歌声が沁みます。


2. Beauty And A Beat / Justin Bieber feat. Nicki Minaj
1位と2位はギリギリまで迷いました。聴いた回数なら間違いなくこれがトップ。名前を頻繁に聞くせいでまだ10代ということさえ忘れていましたが、今しか表現できないキラキラ感に満ちていて楽しいです。本格的に大人になる直前の一瞬を上手く切り取った良曲。


3. We Are Young / fun. feat. Janelle Monae
今年最大のサプライズヒットが彼らでした。確かgleeでのパフォーマンスから火が点いたんですよね。しっとりとしたイントロからQueenを彷彿とさせるサビの盛り上がりまで、見事な構成の青春讃歌。


4. Take Care / Drake feat. Rihanna
2ndアルバム「Take Care」の表題曲にして4thシングル。ダークな曲調ながらRihannaのヴォーカルが独特の世界観を生み出し、アルバム前半のハイライトにもなっています。Drakeはラッパーとしてのイメージが強く、歌が上手いとは思わないんですけど、この人の声には不思議と惹き込まれるんですよね。

5. Gangnam Style / Psy
音的には特別新しいわけではないのに、韓国語ラップの新鮮さと垢抜けないおじさんが軽やかに踊るPVが癖になって世界中で大ヒット。LMFAOだって日本ではこれほど話題になりませんでしたよね。2012年を代表する曲の一つであることは間違いありません。

6. Mercy / Kanye West, Big Sean, Pusha T, 2 Chainz
ソロ活動は控えめになっているKanyeさんですけど、プロデュース能力の高さは誰と組んでも問題なし。4人の個性がぶつかり合ったマイクリレーも楽しいですが、PVも実にかっこよく作られています。

7. Dance For You / Beyonce
アルバムを飽きるほど聴いてからのシングルカットだったので順位は控えめですが、本当に大好きな曲です。
色気を漂わせながらも決して下品にならないし、大きく盛り上がりもしないのに最後まで気持ちよく聴けてしまうのが驚異的。PVのBeyonceも美しすぎます。

8. Diamonds / Rihanna
近年、エレクトロに傾倒していたイメージのあるRihannaが久々にR&B色の強い1stシングルをカットしてきました。さすがに「Umbrella」の時ほどのインパクトはないものの、ジワジワハマっています。やっぱりこの人のヴォーカルには個性があっていいなと再確認。

9. Blow Me (One Last Kiss) / P!nk
デビューから13年経とうとしている今、ますます勢いを増すP!nk姐さん。ヴォーカルもトラックもありがちなようでいて実は誰も真似できていない…。だからこそこの路線を続けていても飽きずに聴けちゃうんでしょう。

10. Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen
ポップスど真ん中という印象でどうしてこんなにヒットするのか理解できないと思っていたのに、巷で流れまくっていたせいで気が付けば耳から離れなくなっていました。ここまでキラキラしたヒット曲って近年は意外とありませんでしたね。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ニッキーとジャスティン

ジャスティンビーバー、いままで興味ありませんでしたが、Videoも音楽もいいですね~!そしてニッキーはいつもニッキーですね。
ビーバーはまじでジャスティンティンバレイクの子分かなにかなのかと思ってました。

ニッキーの功績

自分もデビュー作を買いながらも「スカしたガキだ」程度にしか思ってなかったけど、2ndアルバムで「おっ」となり、この曲でガツンとやられました。
そしてこのPVの肝は間違いなくニッキーだと思うな。
あれだけキラキラした映像の中で彼女だけが明らかに浮いてて、そこがたまらん!
ニッキーなしではこんな魅力的な曲にならなかったはずです。

しかし、数年前まで"ジャスティン"で検索しようとしたら"ティンバレイク"が最初の候補に挙がっていたのに、最近は"ビーバー"と出てしまうのが今でも悔しい…。

ニッキーという香辛料

なるほど~、そう言われてみると、ニッキー抜きだと、ごく普通のいい曲だったかもしれないなあ。けっこう大事な仕事してるのかもしんないですね~。すげー浮いてるけど、扱いはプールの上に花道をつくって撮ったりして、破格ですもんね!

客演で生きるべし

彼女って自分がメインになると理解不能な曲になったり(これは以前しんちゃんも言ってたね)、一般受けを狙うと面白味のない歌になってしまったりするんだけど、客演だと場の空気をいっぺんに変えてしまうくらいのパワーがあるんだよね。
あの花道で突然ニッキーが現れた時のインパクトはなかなかのものでしょ!?
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本