人生はビギナーズ 他

私が、生きる肌 ★★★★★★★☆☆☆
ペドロ・アルモドバル監督作品の中でもとりわけ魅力的な予告編だったんですが、ちょっと期待していたものとは違ったかな。絶賛も酷評もしづらい、かと言って平凡な作品ということは全くなく、前半は混乱の連続、後半は驚きの連続というのが簡単な感想です。
形成外科医のロベルは、交通事故で大火傷を負った上に自殺してしまった妻に瓜二つの女を部屋に監禁している。それは彼が人工皮膚によって意図的に作り上げた姿だったのだが、ではその女の正体は何なのか…。
というのが大筋なんですけど、ミステリーとしてだけでなく主人公の狂気の描かれ方もものすごく刺激的。背中をツーッと冷や汗が滴るのを感じるようでした。ネタバレしないようにと思うと何も書けないし、生理的に受け付けない人もたくさんいるでしょうが、自分はこういう変態映画は好きです。ただ、2度観ないと理解できないだろうと思える点が多すぎるので、現時点での評価はこの程度。
個人的にはヒロイン、エレナ・アナヤをもう少し見たかったところ。首から下をタイツで覆われた姿が妙に艶めかしかったです。

◆ペドロ・アルモドバル監督作品の評価
「抱擁のかけら」 ★★★★★★★☆☆☆ 

私が、生きる肌 [DVD]私が、生きる肌 [DVD]
(2012/11/07)
アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ 他

商品詳細を見る

人生はビギナーズ ★★★★★★★★☆☆
末期癌に冒された75歳の父親が、突然ゲイであることをカミングアウト。父親の死後、一人の女性との出会いを通して主人公の葛藤を描き出していくわけですが、展開が淡々としているせいか、その葛藤がいまいち伝わってこない…。ゲイという設定も大して意味を持っていないですし、映画としては粗が目立つ作りです。
しかし、雰囲気は抜群。オリヴァーとアナが仮装パーティーで出会うシーンのBGMが最高で、その時点でこの映画を観てよかったと思わされました。得意ジャンルっぽいユアン・マクレガーはもちろん、メラニー・ロランまでもがその空気感にピタリとハマっていて、本当に心地よかったです。
クリストファー・ブラマーも残り少ない人生を謳歌する姿を素敵に演じていましたね。タイトル通り、本人の意志と行動次第で何歳になっても人生はやり直せるというポジティブなメッセージが込められています。同時に、秘密というのは、告白した当人の苦しみとともに打ち明けられた側の葛藤もあるわけで、そこに焦点を当てたというのは新鮮に映りました。

人生はビギナーズ [DVD]人生はビギナーズ [DVD]
(2012/08/03)
ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本