2012年12月後半の注目作

▼MUSIC

〇12/26【Loud Tour Live At The 02 / Rihanna <DVD>】
△12/19【Jesus Piece / The Game】
△12/19【O.n.i.f.c. / Wiz Khalifa】
△12/26【Trouble Man / T.I.】
△12/26【I Will Always Love You -The Best Of Whitney Houston / Whitney Houston】
△12/26【桜流し / 宇多田ヒカル <DVD>】

RihannaのライヴDVDは今さら「Loud」ツアー?という気もしないではないですが、一部情報によると「We Found Love」も収録されているようですし、何より「Good Girl Gone Bad」ツアー以来のパッケージ化ということで期待は大きいです。ただ、価格があと千円安ければ…。

他はヒップホップ3作とWhitney。
Whitneyはベスト盤が過去にも何枚か出ているので新曲2曲だけじゃ魅力は乏しいかな。もちろん、未所持なら買わないという選択肢はありません! 1枚組(2,520円)2枚組(3,150円)の2バージョンがありますが、この価格差なら当然2枚組でしょう。

宇多田は、ヱヴァQの公開と同時にデジタル配信され、話題となった新曲。シングルDVDのみのリリースです。アルバムリリースが期待できないだけにCDでも出してほしかったところですけど、配信だけでもかなりのヒットになっているみたいですね。

▼GAME

今年はゲームをする時間が激減していたんですけど、あることがきっかけで先週からまた遊びたくなってきました。さっそく実家の弟からPSPを借りて「タクティクスオウガ 運命の輪」と「メタルギアソリッド ピースウォーカー」をプレイ中。今年いっぱいはこの2本をやり込みます。

△12/20【キャサリン (PS3) <廉価版>】
△12/27【ファンタジーライフ (3DS)】

「ファンタジーライフ」は画面だけ「どうぶつの森」のような箱庭ゲームかと思っていましたが、予想以上にRPG要素が強いようで、新しい遊びを提示してくれそう。

▼MOVIE

◎12/21【レ・ミゼラブル】

興味を持つことはあったものの、原作は未読。でも、問題なく楽しめるんじゃないかなと根拠はないけど確信しております。というより、そうでなきゃいけないと思うんですけどね。CMで「I Dreamed I Dream」が流れただけで涙腺が緩みますよ。近所の映画館のスタンプカードもあと1回ででいっぱいになるし、2012年はこの作品で締めくくるつもり。

▼DVD

〇12/19【アベンジャーズ】
〇12/21【ダンサー・イン・ザ・ダーク】
△12/19【映画 ホタルノヒカリ】
△12/19【ショコラ】

「アベンジャーズ」は特に衝撃や興奮があったわけではありませんけど、元となる作品を複数観ているのならオススメします。特に「アイアンマン」と「マイティ・ソー」の世界を知っておくとより楽しめるでしょうね。コラボ作品としての完成度は最高レベル。そして、ホークアイの活躍が見られるのは現時点で本作だけです。
DVD単品のみ1/23発売と変則的なので要注意。
劇場観賞時のレビューはこちらから。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と「ショコラ」は、それぞれ2,000円、2,500円の廉価盤ブルーレイですが、Amazonなら大体4割で買えるので、DVDから買い直すにしても安いくらい。作風は全く違いますけど、どちらも手元に置いておきたい作品です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

観てみたい映画

レ・ミゼラブルは私も興味を惹かれました。
鑑賞後は即座にレビュー願います。
あとは『チキンとプラム』ですかね~
公開時に朝のテレビでプロモーションやってて久々に絶対に観たいと思いましたがご存知ですか?
小さな映画館でしかやってないんで、DVD待ちにしたんですけど。
実際になかなか映画を観にいくのは億劫な自分が哀しい、、

観る予定の映画

「レ・ミゼラブル」は割と早く観るかも。
どうせ観るのなら年内がいいんだけど、年末は帰省して映画どころじゃないかもしれないし…。

「チキンとプラム」は知ってますよ~。
知ったのは公開後でしたが。
そのためにわざわざ都内に出るのもなぁと自分もDVD待ちすることにしたんですが、今調べたら来年の3月には近くの映画館で上映されるようなので、その時の気分では観に行くかもしれません。
まぁ、迷っているものは大抵スルーしちゃうんだけどね。

観ましたよ!

レ・ミゼラブルは近くの大きい映画館でもやってるやん!という事で、有給にものいわせて、公開初日に鑑賞。
金曜といえど、昼間はガラすきで良いポジションで観れました。
観終わったあとは「ホゲー」って感じで、帰りの車の運転もかなり怪しくなるくらい放心しました。良い映画を観たあとの運転は避けるべきと判明。
歌で構成されているという意味ではミュージカル映画かもしれないが、本質的には違う、と私の中では分類されてます。例えばダンサー・インザ・ダークのように。
イッツショータイム要素が皆無といっていいので、途中で興味を失う事がありませんでした。
是非映画館で!

観ましたね!

ヨーコさんも初日に観てきたんだね。
自分もサービスデーなのをいいことに、初日に臨みました。

詳細は今日の記事に書いたので割愛するけど、放心するというのは同感。
9割以上歌っているのにちゃんと映画的な見せ方をしているあたり、感心してしまったよ。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」といえば、自分の中ではジャベール警部がセルマと重なりました。
正しい正しくないじゃなく、この人にはこういう生き方しかできなかったんだろうなと感じさせるところが。
迷わず生きるのは難しいけど、何かを信じていたいと心から思いました。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本