全日本テニス選手権2012観戦記

時間が取れたものの、朝から体調が優れずギリギリまで行くかどうか迷いました。しかし、あまりの好天に負けて外出することに…。2年ぶりの全日本選手権です。
今回はどの試合も数ゲーム~1セットしか観ていませんが、その中から印象に残ったものだけピックアップしていきます。

▼内山靖崇 (3) 6-1、6-4 江原弘泰 (13)
今日の本命の一つ。
楽天の予選でフォアハンドに惚れ込んだ江原くんですが、会場に到着した時には既に1-5の劣勢に立たされていました。そのままセットを奪われ、第2セットも一気に0-5に…。どうもつまらないミスが多いと思っていたら、昨日のダブルスで右足を痛めたらしく、もしかしたらその影響があったのかもしれません。最後に4ゲーム連取する踏ん張りを見せましたが、今日はそれが精一杯だったかも。
内山くんは本当に体格に恵まれていますね。プロフィールには183cmとありますが、もっと大きく見える…。その体格を活かしてサービスエースはガンガン奪うわ、ストロークもライジングで高い打点から打ち込むわ、とにかくテニスがダイナミックです。まだ20歳ですし、1~2年後にはGS予選に挑めるだけのランキングには上げてきそうな気がします。

これを観ている間にもう一つの本命試合が終わってしまいました。近藤大生が田川翔太にストレート負け。田川くんは先週の全日本大学対抗テニス王座決定試合では絶不調だったみたいですけど、しっかり調整してきましたね。ダブルスは少しだけチェックしましたけど爆裂フォアはあまり確認できなかったので、来年の楽しみにとっておきます。

▼伊藤竜馬 (1) 5-7、6-2、6-2 内田海智
高校3年生の海智くんは楽天でもツルスノフ相手に互角のラリーをしていたのが印象に残っていますが、まさかトップシードからセットを奪うとは! 第2セットしか観ていないんですけど、早い切り返しでなかなか竜馬ペースにさせませんでした。
惜しむらくは第2セット2-2、30-30から2連続でサーブ&ボレーを失敗してブレイクを許したこと。ストローク戦でも十分に戦えていただけに、あそこでの仕掛けは要らなかったように感じます。結果的にあのブレイクが格上の相手に余裕を与えてしまったわけで…。
ただ、長い目で見れば競った場面でチャレンジできるメンタルは頼もしいですね。怖いもの知らずの今のうちにどんどん経験を積んでいってもらいたいところ。

▼片山翔 6-3、6-1 竹内研人 (6)
第1セットだけ観戦。
片山くんを見たのは2年ぶりです。対戦相手が違うせいかもしれませんが、前回とは違う印象を受けました。ストロークが堅実になってミスがだいぶ減ったような…。でもフォアハンドの思い切りのよさは相変わらずで、いつの間にか応援してしまうタイプの選手ですね。今年プロ転向した彼は先月、大洗のフューチャーズを優勝したばかりということで上り調子と見てよさそう。

▼喜多文明、酒井祐樹 7-6(7-4)、6-4 小ノ澤新、仁木拓人 (3)
この試合は最初全く興味がなく、何となく観始めたんですが、シングルス続きだったせいか新鮮でいつしか夢中に…。これも何となくですが、小ノ澤&仁木ペアを応援していました。
しかしこのペア、序盤は4-1とリードするもののどうも元気がない…。相手ペアの(やりすぎなくらいの)気迫に押されてセットを落とすと第2セットも1-4と劣勢に立たされます。一時は追いつきますが、そこで仁木くんに異変が…。ポイントごとに前かがみになって胃のあたりを押さえています。途中でブレイクを取ってトイレに走りますがやはり完全には回復せずゲームセット。
これまで名前しか知らなかった仁木くんですけど、出身地が自分と同じというのを知って一気に親近感が湧いてきました。ダブルスだけではプレースタイルがはっきり判りませんし、小ノ澤くんとセットでチェックしていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本