Qatar Airways Tournament of Champions

 <Semifinals>
Caroline Wozniacki (1) - Tsvetana Pironkova (8) 6-4, 6-1
Nadia Petrova (2) - Roberta Vinci (4) 6-7 (8-10), 6-1, 6-4

 <Final>
Nadia Petrova (2) - Caroline Wozniacki (1) 6-2, 6-1


第2の最終戦、ソフィアはトップ2が順当に各グループを1位通過し、準決勝も突破。こうなると最近の安定感で勝り、相性でも上回るウォズニアッキが有利かと思われましたが、その予想は見事に覆されました。

ペトロワはここに入るまでに2大会連続で初戦敗退を喫するなど相変わらずムラがあるんですが、東レPPOといい今大会といい、好調であれば今でもいいテニスをします。サービスで相手を崩して3球目でコートから追い出し、ネットプレーで仕留める…。シンプルですけど、これができる選手は限られているんですよね。
ランキングも12位まで戻してきました。トップ10とはまだポイントの開きがありますが、イスタンブールでは複優勝を収めるなど最高の形でシーズンを終えることができてモチベーションはかなり上がっていることでしょうから、来季も大いに期待したいところです。

一歩及ばなかったウォズニアッキですけど、全米の初戦敗退以降は18勝3敗という好成績を収め、年末ギリギリでトップ10復帰を果たしました。ナンバーワンの座から転落してもなかなかエンジンが掛からず、ズルズルと落ちてしまうのかとヒヤヒヤしましたが、何とか踏み止まりましたね。今季取り組んできたプレーの改良がようやく実を結び始めたと信じたいです。素人目にはそれほどの変化は見られませんけど…。

そして、今年から開設されたWTAチャレンジャー。
台湾では日本人4人が準々決勝進出を果たし、優勝も期待されましたが、残念ながら決勝には一人も進めませんでした。しかし土居はこのベスト4入りで初のトップ100入りを決めています。土居にはGSストレートイン枠であるこのあたりには最低でも居続けてもらって、同期の奈良や、さらに下の世代を引き上げてもらいたいと思います。
そんな中、ムラデノビッチが単複優勝を飾りました。ジュニア時代から実績があった割にはトップ100入りに時間が掛かったなというのが正直な印象ですけれど、何と言ってもまだ19歳ですからね。ダブルスでは既に28位まで浮上していますし、今後にも期待できそうかな。

それにしても、WTAチャレンジャーはこれから浸透していくのかな。
この台湾とインドの2週間は、上位シードからすれば、全豪のストレートインを懸けた大切な大会。しかしツアーの最終戦も終わってお休みに入る時期でもあるので、ファンの注目度は低そう。この制度が定着するかどうか、今のところは期待半分、不安半分といったところでしょうか。

さらに今週はフェドの決勝もありましたね。結果は3勝1敗でチェコが2連覇を果たしました。
チェコはサファロワが2勝するなど大活躍。これだけのテニスを通常のツアーでも見せてくれれば…と多くの人が思ったことでしょう。
初日に2連敗を喫したセルビアはイヴァノビッチが完璧なプレーでクヴィトワを倒したものの、ヤンコビッチが背中の故障で万全ではなく逆転とはいきませんでした。ヤンコビッチはトップクラスにフェドに積極的な選手なので悔しさも相当なものだったでしょう。試合後には涙も見せていたそうです。応援している選手ではないとはいえ、さすがに不憫なので来季また挑んでもらいたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本