四畳半神話大系 / 森見登美彦

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

大学の三回生になる主人公が、周囲の人間に振り回されながら、薔薇色のキャンパスライフを目指して奔走する物語。

全4話の連作短編のようなものですが、各エピソードの出だしはほとんど同じ。ただし、主人公はそれぞれ映画サークル「みそぎ」、樋口師匠への弟子入り、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関<福猫飯店>といった別々の場に身を置きます。
しかし、どの道を選んでも結末に大差なし。文章も展開も変わり映えなく、単調という見方もあるかもしれませんが、どんな選択をしてもそう簡単に本人が望んでいるようにはならないというのが哲学的でよかったです。
パラレルワールドという非現実的な世界を盛り込みながら、多くの人が心の片隅で共感できるような内容になっているのも見事だなと感心してしまいました。

そういえば、本作は「夜は短し歩けよ乙女」の続編のようなものだと思い込んでいたんですけど、実際はそれよりも前に書かれた話なんですね。樋口師匠や羽貫さんが登場するなど共通している部分もあって、得した気分にもなります。
しかし、「夜は短し~」の黒髪の乙女の不在が淋しい…。一応本作にも明石さんという黒髪の乙女が登場するんですが、それなりに重要な人物の割に描写が足りないんです。主人公が惹かれる要素が見えないというのはかなりマイナス要素で、恋愛要素は物足りませんでした。

ただ、それを埋めてくれる人物が一人。それが悪友である小津です。
妖怪のような風貌で、他人の不幸を食い物に悪行を重ねる男と主人公は語るものの、実際のところ彼は小津なしでは大学生活を送ることもままならない状態。小津の方も肝心なところでは秘かに主人公を助けたり、愛情を示したりする、非常に可愛げがあるキャラなんです。主人公には内緒でかわいいカノジョと付き合っていたり、良さ気なマンションに住む曲者っぷりも最後には憎めなくなっているんですよね。
会っている時はイライラさせられることもたくさんあるのに、なぜか自分には必要で切り離せない腐れ縁というのも、多くの人に存在するのかもしれませんし、その辺も共感できる一因なのかもしれません。

◆森見登美彦作品のレビュー
「夜は短し歩けよ乙女」
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

これ、結構好きなんですよー。

先にこっちを読んでいて結構好きだったので、「夜は短し」のほうは何だか華やかすぎだし、ポップすぎる気がして、実はちょっと苦手です。森見登美彦にはもっとこういう男くさいバカバカしさに溢れた作品を書いてほしいのですよ。

ひっそりと愛読してたのに、アニメ化の評判が良くてメジャーな作品になってしまったのが嬉しい反面ちょっと寂しいです。

みんな幸せそう

お久しぶりです。

ANDREくんのレビューも2作とも読んだよ!
自分の場合、森見デビューが「夜は短し」だったというのもあるんだろうけど、あれだけドタバタしながら結局みんな幸せそうというのがいいなぁと思った。
でも、一番はやっぱり黒髪の乙女のかわいさかな。
「四畳半」はこの後どうなる!?というワクワクは乏しかったけれど、やっぱりみんな幸せそうだったね。

アニメ化されていたのは読み終わってから知りました。
本当にいい評判ばかりで、こっちも見てみたかったなぁ。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本