楽天ジャパンオープン予選観戦記

東レを観戦した日曜日の大雨の憂さを晴らすように快晴に恵まれた1日。やっぱり有明は晴れていなきゃねという当たり前のことを改めて思わせてくれるほど充実していました。

予選のオーダーが発表されての最大の驚きは、そこにディミトロフがいることでした。てっきりダイレクトインできるランキングだと思っていたので…。しかも相手が日本人で一番応援している近藤大生ということで、この一戦だけでも行く理由ができました。
結果的に7-5、6-4でディミトロフが勝った試合、ディミトロフが粗さを見せる場面があった分、大生にもチャンスがありましたが、やはり4-4、5-5となってからの精度の差が出たかなという気がします。
初めて生で見たディミトロフは、画面を通して見ていた時ほどフェデラーっぽさは感じませんでした。全体的にまだ大味で見ていて楽しいタイプではないですけど、サービスやストロークの破壊力にはインパクトがあって、展開力と安定感が加われば大化けしそうな予感がします。2~3年後が楽しみ。

この試合が行われた1番コートは、今年から観客席が改築されました。隣の2番コートがあったところに新たに席が設置され、1番に観客が集中するようになったわけですけど、今日の時点では違いがそれほど感じられなかったな。コートサイドからも逆光を受けずに観戦できるようになったのは嬉しいですけどね。個人的には少ない観客の中で観る方が落ち着くんですけど、ロディックや伊達がダブルスを戦ったように人が殺到する時にはいいかもしれません。

予選ではもう一つ、キューディネリvs江原弘泰にも注目していました。キューディネリは昨年のこの大会でプレーを見て惹かれた選手、江原くんの方はフューチャーズでの活躍を見てどんなテニスをするのか気になっていた選手。
江原くんは回り込みも含めたフォアハンドドライブを軸に戦う自分好みのプレイヤーでした。が、ディミトロフvs大生が始まってしまったために3ゲームしか観られず…。次回の楽しみに取っておきます。

守屋宏紀と伊藤竜馬、マレーとバブリンカという練習カードもディミトロフvs大生の煽りを受けてほとんど見られませんでした。見たかった選手が同時間帯に重なってしまったのは残念ですけど、これは贅沢な悩みですね。
本戦出場メンバーではシモンとティプサレビッチが見たかったんですが、タイで勝ち残っていたためまだ来日していません。でも、生ロブレドを見るという10年来の夢が叶ったのは嬉しかった! 彼もいつの間にか30歳になってしまいましたけど、会場では女性に大人気でした。
他に発見した選手はベルディフ、トロイツキ、マルコス(・バグダティス)など。

1年ぶりに外で観たテニスは本当に楽しくて、この調子で明日もと意気込んでいたんですけど、昼過ぎから雨が降り出すようなので断念します。
余談ですが、10/5(金)~7(日)はイベント広場でビーチテニスの大会が行われて、そこにズベレワとバラバンシコワのペアが参戦するそうです。会場へ向かう方はぜひチェックしてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本