2012年10月前半の注目作

▼MUSIC

〇10/3【The Truth About Love / P!nk】
〇10/10【Food & Requor 2: The Great American Rap Album / Lupe Fiasco】
△10/2【Kaleidoscope Dream / Miguel <輸入盤>】

P!nkは全米で初週に28万枚を売り、初のナンバーワンに輝きました。先行シングルの「Blow Me (One Last Kiss)」も彼女らしいキャッチーな楽曲でしたし、彼女のアルバムにハズレなしなので今回も楽しみ。
個人的な目玉はLupe Fiasco。前作はUK寄りの音になったせいであまり聴き込みませんでしたが、今回はタイトルを見る限りあの傑作1stの流れを汲む作品のようですね。それほど待っていたわけではないんですけど、輸入盤が発売された今、期待度が急激に高まってきています。
Miguelは話題になった前作(デビュー作)もまだ聴いていないので、まずはそちらからいきたいところ。1stシングル「Adorn」は現在R&Bチャートのトップを驀進中です。

▼GAME

△10/4【バイオハザード6 (PS3)】
△10/11【プロジェクトクロスゾーン (3DS)】

「プロジェクト クロスゾーン」はバンダイナムコ、カプコン、セガの3社の人気キャラクターが結集したシミュレーションRPG。
知らないキャラクターも多いですけど、さすがにこれだけの面子が集まるとすごく面白そうに見えてくるから不思議。

▼MOVIE

該当作なし。
休日がすべてテニス観戦になっている中では、なかなか映画観賞に気持ちが向かないので、今は観たい作品がないのがむしろありがたいくらい。とりあえず今の忙しさは10月後半には落ち着きそうなんですけど、時間ができても観たいものがないんだよなぁ。下手したら12月の「007」待ちになるかもしれません。今年はアクション大作を観すぎたので、本当はドラマ性の強い作品がいいんですけどね。

▼DVD

△10/2【SHAME シェイム】
△10/3【バッド・ティーチャー】
△10/3【ロボット】
△10/3【ダーク・シャドウ】
△10/5【ファミリー・ツリー】

小粒ながらDVDは豊作ですね。
難解そうだけれど見所がたくさんありそうな「SHAME」と、キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクの元恋人同士が共演したコメディ「バット・ティーチャー」が期待度2トップ。
「ロボット」はハリウッドの大作を意識したボリウッドといった感じでしょうか。B級感を楽しめるかどうかが鍵となりそうですが、少し自信ないな…。
「ファミリー・ツリー」はブルーレイ+DVD、デジタルコピーのセット。DVDのみのバージョンはなぜか11/2発売です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本