全米オープンテニス2012 4回戦

Victoria Azarenka (1) - Anna Tatishvili 6-2, 6-2
Roberta Vinci (20) - Agnieszka Radwanska (2) 6-1, 6-4
Maria Sharapova (3) - Nadia Petrova (19) 6-1, 4-6, 6-4
Serena Williams (4) - Andrea Hlavackova 6-0, 6-0
Marion Bartoli (11) - Petra Kvitova (5) 1-6, 6-2, 6-0
Sara Errani (10) - Angelique Kerber (6) 7-6 (7-5), 6-3
Samantha Stosur (7) - Laura Robson 6-4, 6-4
Ana Ivanovic (12) - Tsvetana Pironkova 6-0, 6-4


4回戦ともなれば上位シードが敗れることも珍しくはないですけど、それでも驚きのアップセットがいくつかありました。

個人的にはラドワンスカの敗退が一番驚き&ショック。ヴィンチには過去4戦4勝だったし、粘り型といっても強烈なカウンターを持っているわけでもないので、ラドワンスカとしてはやりやすいんじゃないかと予想していたんですけどね。スライス主体の相手のバックハンドに球を集めて、ネットに出る姿を想像したり…。しかし、この日はヴィンチが絶好調だったようです。ラドワンスカが珍しくアンフォーストエラーを量産したのも、その展開力に屈した結果かもしれません。
2007年と2008年のベスト16もあるものの、それ以降は全米とは相性の悪いラドワンスカ。とりあえず肩をしっかり治して、昨年優勝した東京と北京のポイントをディフェンドしてほしいと思います。

逆に嬉しいアップセットはクヴィトワを倒したバルトリ。いやぁ、彼女は本当に読めませんね! 試合を観ていないので詳細は判りませんが、スコアだけでも彼女のガッツにクヴィトワが押し切られる様子が想像できますよ。
準々決勝の相手は、まだ1セットも奪ったことがない苦手のシャラポワですが、バルトリなら何かやらかすかもと思わせてくれます(ま、自分はシャラポワの応援ですけど…)。

勝つには勝ったものの、シャラポワは危なかったですね~。第2セットを奪われ、ファイナルも0-2とリードを奪われます。しかしそこで雨による中断。今回はそれに助けられたかもしれません。データから判断すると、シャラポワは昨年以降フルセット負けが一度しかないわけで、1stセットを奪った時点で勝利が見えていたはずなんですけど、唯一の敗戦が1年前の全米だっただけに最後までハラハラしました。
と言いつつ、ペトロワのベスト8、ベスト4も見たかった…。

大会序盤を盛り上げたロブソンの快進撃もここでストップしました。強打の応酬には勝てても、さすがにストーサーのトップスピンには苦労した模様。それでも、その辺は経験によって補えるでしょうし、今後まだまだ伸びるだろうなと期待させる1週間でしたね。東レでの戦いぶりにも注目です。
それにしても、最後5-2から5-4に捲られ、勝つまでに9つのマッチポイントを必要とするあたりがストーサーらしいというか…。

これでベスト8が出揃いましたが、予想に困るのはエラーニvsヴィンチのイタリアン対決くらいで、それぞれの対戦相手に1セットも落としたことがないアザレンカ、シャラポワ、セリーナは順当に勝ち進むと思います。本当はストーサーに勝ち進んでもらいたいんですけど、この対戦成績では希望がなさすぎる…。イタリアン対決はエラーニが勝つと予想しますが、自分はプレースタイルが好みのヴィンチを応援します。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ラドワンスカ負けましたね。
ヴィンチが良すぎたのに加えて、肩の調子がよくなかったのが敗因ですかね。
自分がラドワンスカと似たスタイルのテニス(レベルの差はさておき笑)なのでよくわかるのですが、相手を崩すということが軸のプレースタイルだと、相手が崩れないと自分の調子が全くあがらず、どうすればいいかわからなくなって手詰まりな状況になるんですよね。試合を見て、そんな感じだったのかなと思いました。

ケルバーがやられたのは驚きでした。
いまいち足が速くないから、全仏の時のようにエラー二の配球についていけなかったんですかね?

バルトリは、最近プレースタイルを変えているらしく(ハードヒットでゴリ押しに一本化したらしいです)、09年がシャラポワとの最終対決だったことを考えると、少し違った展開が期待できるかなという気もします。

あっさりと

負けちゃいましたね。
肩の痛みがあったかは分かりませんけど、故障のせいで調整が間に合わなかったというのはありそうです。
自分もラドワンスカスタイルのテニスなので(ミスは量産しますが…)、手詰まりになるというのは理解できます(笑)
もちろん、今の彼女なら罠を仕掛けるだけでなく、ネットプレーなどとどめを刺す技術も持っているはずなので、今後も磨いていってもらいたいものですね。

エラーニのようなタイプがケルバーに連勝したのは驚きでした。
どんな展開で攻略したのか、動画が出てきたら研究してみたい一戦です。

バルトリはゴリ押し一本化ですか~。
大物食いをすることもある半面、シャラポワやラドワンスカなど苦手もはっきりしていたので、どう攻略していくのか興味深いですね。
雨で中断したとはいえ、シャラポワ戦でいきなり4ゲーム連取したのはその効果もあったのかな。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本