ダークナイト ライジング

darkknightrises.jpg

予告編を含めると3時間にも及ぶ上映時間に躊躇いはあったものの、いやぁ、映画館で観てよかった! ストーリー、映像、すべてが圧倒的でした。

正義とは何ぞやと自問自答したくなるくらい、相変わらず混沌としたゴッサム・シティ。恐怖を感じさせながらもどこかスタイリッシュなアクションの数々(メイキングを見るとCGの使用率の低さに衝撃を受けます)。席にただ座っているだけなのに、思考と感覚が研ぎ澄まされていくこの感覚は、映画でないと味わえないものなんでしょうね。観賞から1日経ってしまった今となっては具体的に何がよかったのか語るのは難しくなりましたけど、それでも興奮だけはずっと残っています。

気になった点としては、説明が多すぎて難解に感じたこと。先に挙げたようにアクションシーンが充実しているのでメリハリは効いているんですけど、やっぱり3時間近くもあると冗長に感じてしまう場面はありました。
他のレビューを読んでみると、「バットマン ビギンズ」から始まったクリストファー・ノーラン監督のバットマン三部作の締め括りということで、過去作(特に「ビギンズ」)を観ていれば理解が深まるそう。そこの知識があればまた違った楽しみ方ができたのかもしれません。もちろん、単体でもしっかり楽しめるようにはできているんですけども。

今回バットマンと対決するベインは、さすがに前作のジョーカーに比べたら大きく見劣りしますけど、あれは相手が悪すぎる…。登場シーンは鳥肌が立つほどかっこよかったです。けど、時間が経つほどに弱体化してしまい、ラストの扱いはかなり酷いものに…。

逆に、「インセプション」での好演が効いたか、ノーラン作品に連投のジョセフ・ゴードン=レヴィットがここでも大活躍しています。地味な役ばかりなのにいつも存在感を示すことができるのが彼のすごいところ。そして、アン・ハサウェイのキャットウーマンも予想をいい意味で裏切ってくれ、大変魅力的でした。
ジョーカーがいなくなった分、主役のバットマンの出番が多少は増えているものの、今回はバランスよく脇役にスポットが当たるようになっているので、結局バットマンの存在感は薄いんですけどね。

ただでさえ世界観がダークなのに、銃乱射事件の影響で印象が悪くなっている感じもしますけど、現在のエンターテインメント作品としては間違いなくトップクラスに位置する傑作です。
順番が前後しましたが、「バットマン ビギンズ」も必ず観ます!

★★★★★★★★★☆

◆前作の評価
「ダークナイト」 ★★★★★★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ : ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises)
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

映画館で映画を観ること

いぬふくさんが映画館で映画をみるのって珍しくないですか?
なにかあったんですか?

予告編からその匂いはプンプンしてましたけど、ライジングはやはり傑作でしたか~!ぼくも早く観たいですわー☆

失礼なっ!(笑)

下半期に入って3本観てるっつーの!
ま、上半期はゼロだったけども…。

映画を観ると100%眠くなる体質だから、気軽に映画館というわけにはいかないのだけど、最近は観たい作品や行きたい映画館があったのでがんばりました。

自分は「ダークナイト」がDVDで今回映画館だったので、どうしても「ライジング」に甘くなってしまっていると思う。
なので、「ダークナイト」も大画面で体験済みのしんちゃんには少しハードルを下げて観てもらいたいです。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本