Music Review (6月)

I Remember Me / Jennifer Hudson ★★★★★★☆☆☆☆
発売当初はすっかりスマートになったジャケットの姿に驚かされましたけど、歌唱力は衰えることなく、さらに楽曲のバリエーションも広がった模様。前作のように一本調子に感じられることもありません。
R&Bをベースにしながらもポップフィールドでも伸び伸びと歌えるところが彼女の武器ですが、そのジャンルで強さを発揮するRyan Tedderだけでなく、「(6)Gone」ではPolow da Donまでもがポップスを演っているところに驚かされました。しかもその(6)がなかなかいいんです。
R&Bという点で目立ったのがソングライトとプロデュースでのAlicia Keysの参加。「(4)Angel」と「(7)Everybody Needs Love」では夫のSwizz Beatzと、「(9)Don't Look Down」ではSalaam Remiと組み、ダンサブルな3曲を提供しています。これがWhitneyの「Million Dollar Bill」を彷彿とさせるトラックで魅力的なんですよね。
ただ、どの曲もそれなり止まりで、聴き込みたくなるほどのアルバムじゃないというのが正直なところ。それに加えて、彼女の声にも新鮮味がなくなってしまったせいで物足りなさも残りました。

◆前作の評価
「Jennifer Hudson」 ★★★★★★★☆☆☆

「Where You At」(US64位、US R&B10位)


Ready / Trey Songz ★★★★★★★★★☆
1st→4thと飛んでいたので、遡って3rdを購入。これが、買い逃していたのを後悔するほどの傑作でした。UsherやChris Brownがエレクトロに向かっている今では余計に新鮮。我が家ではこの2作を差し置いてヘビロテになっています。
それにしても初っ端から「(1)Panty Droppa」って…。「(3)I Invented Sex」ではタイトル通り「キミはセックスを発明したのがオレだと思うはず」とうそぶいてみたり、全編通してベッドルームにピッタリの甘い曲が揃いましたね。男一人で聴くにはもったいないくらいですよ。あとはR.Kellyほど変態じゃないところが受け容れやすさに繋がるか、物足りなく感じるか…。
シングルは前半に固まっているんですけど、個人的には「(11)Be Where You Are」以降の後半の方が圧倒的に好みです。(11)の他、「(13)Black Roses」や「(14)Love Lost」、「(17)Yo Side Of The Bed」、そしてボーナストラックの「(18)Scratchin Me Up」に至るまで、本当に聴き応え抜群。特に、本編のラストを飾る(17)の気持ちよさったらないですね。
健全でエロい、R&Bらしいアルバムに久々に出会えたような気がします。8月にリリース予定の5thアルバムも本当に楽しみ。

◆Trey Songz作品の評価
「Passion, Pain & Pleasure」 ★★★★★★★★☆☆
「Inevitable」 ★★★★★★☆☆☆☆

レディレディ
(2009/09/30)
トレイ・ソングス

商品詳細を見る

「Say Aah」(US9位、US R&B3位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本