全仏オープンテニス2012 決勝

Maria Sharapova (2) def. Sara Errani (21) 6-3, 6-2

平凡なスコアではありますが、両者の持ち味が出た素晴らしい決勝戦でした。

個人的には、シャラポワのフットワークの向上がはっきり感じ取れた一戦だったと思います。
2~3年前は攻撃時にも足の運びが雑になってミスを量産する場面が多々見受けられたんですけど、昨年あたりからだいぶ改善されてきました。加えて、この試合では走らされた中でのカウンターが効いていました。

というわけで、キャリアグランドスラムおめでとう! 
2003年のセリーナ以来、10人目の偉業だそう。他の偉大なプレイヤーに比べればまだまだタイトル数も少ないですし、プレーも未完成ではありますが、自分のパターンに持ち込んだ時の攻撃力と強靭なメンタルはそのままに、まだまだ進化を止めないシャラポワ。2008年に全豪を制し連勝街道をひた走りながら故障で手放すことになった女王としてのキャリアを、今度こそ補完してほしいと切に願います。どんな屈辱的な敗戦にも下を向くことなく、目標に向かい続けることができる彼女はナンバーワンに相応しいと思えます。そして、2004年にウィンブルドンを制した時に勢いとルックスだけだと判断し、試合がつまらないと嫌っていた自分の過ちを認めます。
この写真、雰囲気があってとてもいいですね。

惜しくも単複制覇とはならなかったものの、2週間で13試合を戦い抜いたエラーニにも拍手を送りたいところ。
大きな達成感の中に少しだけ悔しさが滲んだ、試合後のエラーニの表情を前に複雑な気持ちにさせられました。ところが、表彰式では間違って準優勝者としてシャラポワが呼ばれてしまうハプニングがあり、エラーニは「私が優勝者ね!」とばかりにガッツポーズを見せていました。このユーモアにずいぶん救われましたね。

プレー自体も、序盤こそ緊張からシャラポワの攻撃に対応できていませんでしたけど、果敢にネットプレーやドロップショットを仕掛けて最後まで喰らいつきました。ただ、勝つためにはもっと早い段階で大胆な仕掛けが必要だったかと。両者とも好調であれば、やはり地力に勝るシャラポワが有利。となれば、エラーニは自身の調子を上げるだけでなく、シャラポワの調子を下げることが必要でした。まぁ、初めてのGS決勝でこれだけのことをすべて成功させるのは相当難しかったはず。今回はシャラポワを褒めるべきでしょう。
エラーニは2人のトップ10プレイヤーと3人のGSチャンピオンを破る大活躍。これで24位から一気にトップ10入り、そしてイタリア国内のナンバーワンの座も同時に手に入れることになりました。これから受けるプレッシャーは格段に上がるでしょうし、芝とは相性がよくないでしょうが、この活躍がまぐれと言われないように今後もがんばってもらいたいです。

ちなみに、エラーニはヴィンチと組んだダブルスでは見事にタイトルを獲得しています。今季のクレーシーズンは負けなしで3大会を制したペアなので、順当と言っていいでしょうね。
キリレンコ&ペトロワ組もダブルスらしい戦いを見せてはいましたが、4人の中ではペトロワのフットワークの悪さが目立ち、キリレンコの大胆な動きに相手ペアだけでなく味方の彼女までもが撹乱されているようでした。とりあえず、ベスニナやマカロワとともにダブルスでの五輪出場は内定のようなので、今後も活躍が見られるよう期待したいと思います。それにしても、ロシアの五輪シングルス枠はどうなるんでしょうか…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

可愛いだけじゃない

今日、GAORAで'97年全英準決勝、ヒンギスvsクルニコワやってました。
シャラポワは出てきたとき、容姿の美しさからよくクルニコワと比べられてましたが
「私は絶対テニスはやめない」と言ってて、そのとおりここまでやり遂げましたね。

私もいぬふくさん同様、彼女のテニスはつまらないから好きじゃなかったんですが、
その努力でどんどん進化して、ついに苦手だと言われてたクレーを制して生涯GSですから、私も反省です。
華奢な感じがしてたのに、足も腕もほんとにたくましくなってますからね。

次はWimbledon。
強打の選手がたくさんいますから、どうなるでしょうか。


観たかった…

ヒンギスvsクルニコワ、放送してたんですね!
テクニックと展開力ではクルニコワの方が上だったと今でも思うんですが、メンタルスポーツである以上、シャラポワの方が成功するのは当然でしょうか。

決勝後の記者会見で「自分にも他人にも言い訳をしたことがない」と語っていたシャラポワ。
その説得力と、普段の自分を重ね合わせてみたら、ますます反省しきりです。

ウィンブルドンも楽しみですね。
ストーサー以外のトップ6はみんな芝と相性がいいですから、セリーナがどのブロックに入るかが鍵になるように思います。
選手だけでなく、ファンもしっかり芝モードに切り替えておかないと!
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本