Mutua Madrid Open

 <Quarterfinals>
Victoria Azarenka (1) def. Na Li (8) 3-6, 6-3, 6-3
Serena Williams (9) def. Maria Sharapova (2) 6-1, 6-3
Agnieszka Radwanska (4) def. Varvara Lepchenko 6-4, 6-4
Lucie Hradecka def. Samantha Stosur (5) 7-6 (10-8), 7-6 (8-6)

 <Semifinals>
Victoria Azarenka (1) def. Agnieszka Radwanska (4) 6-2, 6-4
Serena Williams (9) def. Lucie Hradecka 7-6 (7-5), 6-0

 <Final>
Serena Williams (9) def. Victoria Azarenka (1) 6-1, 6-3


賛否両論かと思われたブルークレーですが、実際のところは批判8割、容認2割といった印象で、歓迎している選手はいなかったように思います。話題性ばかりが先行して、滑るコート上で選手は転ばないように動くだけで精一杯。踏ん張りが利かないせいで逆を突かれると即ウィナー、コート外に追い出されると戻れず…ということで、クレーらしい展開重視の試合があまり見られませんでした。

先に攻めて走らせた方が有利なら、アザレンカとセリーナの決勝進出は当然の結果だったかもしれませんね。ラドワンスカやウォズニアッキのように粘りと安定を武器とする選手は、今週はそのフットワークを活かし切れていませんでしたが、最低限の結果を残したと言えるんじゃないでしょうか。

それにしてもセリーナの強さは圧倒的でした。圧巻だったのは、決勝で1stサービスの確率が49%だったにもかかわらず、入った23本のうち14ポイントをサービスエースで奪っていること。準々決勝のシャラポワ戦でも同じスコアで勝利していますが、現在の1位と2位に4ゲームしか許さないとはさすがにやりすぎですよ。実際は同じスコアでも総ポイントは準々決勝の方が20ポイントほど多かったので、シャラポワの方がまだ善戦したのかもしれませんが、決して弱くはない彼女の1stサービスを全力で引っぱたきリターンエースを奪うセリーナの姿に戦慄するだけでした。
アザレンカがGSタイトルとナンバーワンの座を同時に手に入れ、年始から連勝を続けた時はついに世代交代が成し遂げられたと感じたものですが、そんな印象をたった1大会で吹き飛ばしてしまう、圧倒的なテニスでしたね。
余談ですが、大会中にセリーナのラッパーデビュー音源が出回っていました。良し悪しの判断をつけづらいですが、ウォズニアッキがチャリティで歌っていた「Oxygen」と比べれば遥かに良く聞こえます。

ちなみに、アザレンカは昨夏も1年間のブランクがあったセリーナに2敗しています。相性のいいラドワンスカとは今季だけで6度も対戦している半面、負け越しているクヴィトワやウォズニアッキとの対戦はいまだ実現しておらず、女王の座はまだまだ盤石とは言えなさそう。

他に気になったのはクヴィトワやストーサーを破り、ベスト4入りしたフラデッカ。
ビッグサーバーというのは聞いたことがありましたが、フォアバック両手打ちとは驚きでした。試合をしっかり観られたわけではないんですけど、セリーナやストーサーの重そうなサービスとも違う、久々に豪速球を目の当たりにした気分です。トップ100から転落したランキングも55位まで戻し、五輪出場への望みも繋ぎました。ただ、ビッグサーバーはムラがある場合が多いので過信は禁物。

ランキングに目を向けると、11位に浮上したケルバーがドイツのナンバーワンになったことが目を引きます。ペトコとリシキが休んでいる間とはいえ、初のトップ10入りもほぼ確実という状況や今季の安定した成績を前には、何の異論もありません。
そしてキリレンコが地味に16位に浮上し、自己最高位を更新。上位進出は決して多くないので、このタイミングでの更新はやや意外。目標としているトップ10にはまだまだ距離がありますし、15位のイヴァノビッチとのポイント差もありますけど、貴重なテクニック系プレイヤーとしてもうワンステップ上を目指してほしいものです。

さてさて、スヴェタはここにきて調子だけでなくドロー運も下降気味。ローマでは初戦がイヴァノビッチと、またしてもハズレクジを引いてしまいました。マドリッドのアザレンカよりはだいぶマシですが、今回はトップ8シードが1回戦Byeで対戦がないので、セリーナとケルバーに次いで当たりたくない相手だと思っていたんですよ。
そして案の定、負けましたとも! フェドでの勝利はやっぱりスコアを忘れるほど集中していた確変モードだったんだな。五輪出場の可能性がかなり低くなったように思いますが、とりあえず格下に負け続けているスキアボーネやヤンコビッチよりは深刻ではないと捉えて、見守り続けます…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろくはない

ヴィッカはSFとは別人で、気持ちでも負けてた感じですね。
久しぶりにメンタルの弱さがでましたね。
セリーナに弱くて、気持ちも負けちゃう、これもAmélie効果でしょうか。^^;

応援席のAmélieの姿がしょっちゅう映ってたので、それを喜んでみていました。
やっぱりカッコイイなぁv-238

それにしてもセリーナ、すごいですけどなんだかおもしろくない試合になりましたね。

ラファはブルークレーなら来年はもう出ないとまで言ったそうですね。
クレーのおもしろさが半減しましたから、私もイマイチかな。

で、スヴェちゃん、ローマでも初戦敗退でしたね。
まだまだ衰える年齢ではないと思いますから、復活してもらいたいです。

ラファに同意

アメリーは期待以上に映されていましたね。
まだまだ現役でいけそうな体型、何だかもったいなく感じます。
ま、それ以上にもったいないことばかりしているスヴェタさんもいますが…。

アザレンカは今週棄権していますし、マドリッドの決勝でも故障の影響はあったようですが、ラドワンスカ相手ならメンタルも崩れないのに…と皮肉めいた目線で見てしまいました。
ま、あそこで畳み掛けられるのがセリーナの強さなんでしょう。
ショット単発で決まってしまうセリーナのテニスは確かに面白くありませんでしたけど、半分はブルークレーの責任ですね。
ローマの試合はまだ観ていませんが、ドロップショットやループボールも飛び出してのロングラリーに期待します。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本