逆転検事2 (DS)

逆転検事2 NEW Best Price!2000逆転検事2 NEW Best Price!2000
(2012/01/19)
Nintendo DS

商品詳細を見る

もしかしたらシリーズで最もボリュームがあったかもしれません(といっても2~3時間程度の差でしょうけど)。今回は親子愛という一貫したテーマがあり、時代や事件を変えながらもすべてが少しずつ繋がっていく点がよかったですね。最終話は盛り上げを意識しすぎたか、若干まどろっこしくなってダレましたが…。

ただ、それを補って余りあるほど、キャラクターが活き活きと立ち回っていて感心させられました。最初は胡散臭かった弁護士の信楽も青年時代のエピソードを見てから憎めなくなりましたし、作品の賑やかしにしか思えなかった美雲も、第4話では意外な一面を見せてくれましたし。
しかし、何と言っても今回のMVPは一柳弓彦でしょう! 最初は誰からも相手にされず邪魔な存在でしかなかった彼が、最後の最後で越えなければならない壁にぶつかり、大きく変貌を遂げます。最初の印象が悪すぎたためにハードルが下がり切っていたということもあるでしょうが、胸が熱くなる結末で一気に愛着が湧きました。
シリーズ通していい味を出している糸鋸刑事も健在ですし、御剣も丸くなりすぎた感もあるものの、主役らしく感情移入しやすいキャラになっていましたね。
キャラクターに関して唯一残念なのは、黒幕に面白味がなかったこと。この人、明らかに素性がバレる前の方が魅力に溢れていたと思うんですよ。最後の告白シーンはただ狂っているだけにしか感じられず、冷ややかに見てしまいました。

システム面は、簡易レビューにも書いたように新要素のロジックチェスがゲームの質を上げるところまで至らなかったのが惜しいところ。複数の情報を組み合わせる方のロジックも終盤は出番がほとんどありませんでしたし、DSになって加わった指紋採取なども取ってつけたように登場するだけなど、全体的に消化不良に終わっています。
まぁ、システム自体は元々完成されていたので、下手にいろいろ追加するよりはある程度絞って、基本の"ゆさぶる"と"つきつける"を磨いていった方が面白くなるような気がします。「逆転裁判5」はぜひ原点回帰で!

その前に、次回作は3DSの「レイトン教授VS逆転裁判」ですね。両シリーズとも一定のクオリティは保ちつつもマンネリ化してきているだけに、テイストの変わったキャラクターデザインと新しいシステムが新鮮さを与えてくれると期待しています。
その前に3DS本体を買わないとな…。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「逆転検事」 ★★★★★★★★☆☆

簡易レビューはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本