Fed Cup 2012 SF

フェドカップ以上にネット上で盛り上がったシャラポワのショートヘアー。最初に画像を見た時はさすがにテンションが上がりましたね~。しかし実はウィッグだったということが後日判明。あの髪型でコートを走る姿が見られないのはかなり残念ですが、「GSで優勝した時よりもたくさんのメールが来た」というジョークも飛び出すほどで、彼女の影響力の強さを改めて見せつけられました。

セルビア 3-2 ロシア
初の準決勝進出で勢いに乗るセルビアがロシアを撃破して決勝進出。
1勝2敗で迎えた第4試合、ヤンコビッチ相手に1セットを落としたスヴェタは第2セット3-0とスタートダッシュに成功するも、そこから5ゲーム連取され追い詰められました。まだまだプレーは不安定。しかし、今回の対戦相手はスヴェタよりもランキングが上ですし、相性の悪かったイヴァノビッチを倒す姿も見られたのでよしとします。イヴァノビッチ戦のラストはスコアを忘れていたようで、気付いた時のリアクション(←4:40以降参照)がかわいいじゃないですか! それにスコアを気にしなければ勝ちビビらないということを計らずも証明してしまったわけで、今後スタッフはスヴェタの視線をスコアボードから遠ざけるための作戦が必要になるような気がします
まぁ、キリレンコとベスニナが待つダブルスまで縺れ込めばチャンスは大きかっただけにシングルスで決着が着いてしまったのは正直残念ですけど、よく考えたら2強を揃えたセルビアに対し、ロシアは4番手と5番手が出場していたわけですからね。さすがの層の厚さです。
ピークは去ったもののまだまだ優勝を狙える力があることを証明したセルビアは、2強が揃うことが優勝の絶対条件。ダブルスでは圧倒的に分が悪いだけに、どちらかがクヴィトワを倒して今回のようにシングルスで勝利を決めてしまいたいところです。

チェコ 4-1 イタリア
イタリアの衰えを感じた一戦でした。クヴィトワに負けるのは想定の範囲内、第2シングルスを確実に攻略してダブルスでガチンコ勝負できれば(しかしこの両国はダブルスも強い…)といったところでしたが、初戦でスキアボーネがサファロワに敗れた時点でその計画は脆くも崩れ去りましたね。
2月のドイツ戦では危ない場面もあったクヴィトワも今回は安定、加えてサファロワもチャールストンの準優勝で調子を上げてのフェドでしたから、タイミングにも恵まれました。シングルス重視のクヴィトワにサファロワ、チェトコフスカ、ダブルススペシャリストのペシュケ(ペアとしてはフラデッカとフラバコワ)、ダブルス要因であると同時に第3のシングルスとしても起用できるベネソワなど、様々な状況に対応できるのがチェコの強み。クヴィトワの状態次第ではありますが、2連覇の可能性はかなり高いんじゃないでしょうか。

さて、準決勝と並行してプレーオフも行われました。上の4チームと来季戦うのはアメリカ、オーストラリア、スロバキア、そして日本です。ヨーロッパ勢で占められた今年より多彩で面白くなりましたね。
日本のWG復帰は2007年以来のこと。ベルギーが主力を欠き、若手主体のメンバーだったとはいえ、チャンスをしっかりモノにしたのは見事でした。正直なところ、来季のWGはどこにもトップ20がいて、トップ40プレイヤーもも複数抱える国ばかりなので勝てる気がしませんが、森田や伊達の復調や若手の成長に期待しましょう。組み合わせが決まるのは6/6だそうですけど、ホームでロシア戦が行われる可能性はあるのかな。だとしたら(応援ではなく)観戦に行くかもしれません。

プレーオフで敗れたドイツ、スペイン、ベルギー、ウクライナはWG2に廻り、下から勝ち上がったフランス、スイス、スウェーデン、アルゼンチンを合わせた8ヶ国で戦うことになりました。シングルスの層の厚さでは世界一になりつつあるはずのドイツはオーストラリアのストーサーの牙城を崩せず。ゲルゲスがガイドソワに負けたのも誤算でしたし、3ヶ月戦列を離れていたペトコもまだ万全ではありませんでした。まぁ今年はドロー運も悪かったので、故障を抑えながら経験を積み、来季はWG復帰を果たしてもらいたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

爆笑もつかの間

可愛らしかったんですが、翌日ヤンコビッチにあっさり負けてるがな! と言いたいところですが止めておきます。負けましたが、クズネツォワは基本、フェド杯でいいプレーしますよね。個人競技に向いてないんじゃ…今さらですが。

決勝は時期的にもインドアでしょうから、チェコ連覇濃厚でしょうねぇ。ただサファロバ如何ではセルビアにもチャンスはあると思います。

あの髪型で天然とは…

いつものスヴェタはスタートダッシュ型(勝ちビビり型。今日も…)という印象ですけど、ヤンコビッチ戦では出だしに躓きましたね。
まぁ、そこはトップ20から落ちないヤンコビッチの強さということで、相手を褒めておきましょう!
モロッコで優勝してくれればいいです。
フェドで強いのはダブルスと同じで孤独にならないから…、あ、やっぱり個人競技向きじゃ…。

セルビアはどうもダブルスで負けているイメージが強くて。
チェコはダブルスの1勝とクヴィトワの2勝は計算してくるでしょうから、サファロワが調子を落としたとしてもやはり2トップのどちらかがクヴィトワを倒さない限り厳しいように思います。
しかし、どんな結果になるにせよ、新鮮な組み合わせが実現して楽しみですね。

ところでtakezohさん、リツイートされていたクラヤンコーチに関する発言を読んだんですが、どういった流れのものなんでしょうか。
ネタになるほどなのかも判りませんけど、細かい情報があればタケゾウ日記やツイッターで見解を読むことができればうれしいです。
便乗コメント失礼しました…

左脚の怪我

うわっ、(いつものごとく)逆転されてるやん…と思ったら、第2セット序盤から左脚が芳しくなく、結局、途中リタイアになったもようです、刈り上げクズネツォワは。クズネツォワはポルシェGPではなくフェスに出ているのにちょいと違和感なんですが、小さい大会に出る限りは優勝せなアカンで、と思いましたが、それ以前の問題でした。

デ杯・フェド杯直後というのは怪我人、リタイア人が増えますが、今回も多いみたいですねぇ。まぁ、本番までは時間がありますし、みんなしっかり養生して、調子を上げてきてもらいたいです。

故障者ばかり…

前回takezohさんへのレスを書いている時がちょうど試合中で、確か第2セットも4-1くらいでリードしていたんですよ。
5-4からマッチポイントもありましたし、故障していたとはいえ(そして準々決勝を戦えたかどうかはともかく)、これは勝てたじゃんか!と久々に怒りました。
強豪がポルシェに固まった分、今週は優勝してほしかったんですけどねぇ。

今年は特に棄権が多いみたいですね。
スケジュール面もテニス自体も過酷になっていることは確かでしょうが、昨年の同時期の1.5倍というのは選手の方にも問題があるような気がします。
それでも、ペトコの怪我はかわいそうでした…。
全仏やウィンブルドンは諦めるとしても、ランキング的にもオリンピックが厳しそう。
朝一のニュースがそれだったので、今日はずっと憂鬱でしたv-406

良い面も

日本は相手がよかったなぁと思いますが、ちゃんと勝つってことは大事ですからね。
フランスはFED CUPのコーチにピアースという話もあるようですね。
ちょっとイメージわかないんですが。^^;

イワノヴィッチ戦のスヴェちゃんのボケっぷりはほんと笑えました。
それだけ集中してたんでしょうね。

ロシアが負けたおかげで、日本vsロシアを日本でということもありそうですから
それはそれでよかったんじゃないでしょうか?
日本vsフランスではフランス応援した私のように、会場でロシア応援ですね。^^;

昇格&残留

フランスもグループ2に残留できてよかったですね!
ダブルスのみとはいえ18歳のムラデノビッチも出場していましたし、ガルシアといっしょにフランスを代表するプレイヤーに育ってもらいたいものです。
しかし、ピアースコーチですかぁ。
彼女って元カナダ人だからか昔はフランスでの人気が低かったというイメージがありますし、国を代表するイメージがなかなか湧きませんね。
でも、フランスは現役時代から結婚している選手も多いですから、アメリーがやらないのならピアースくらいしかいないのかな。

ロシアチームが有明に来るのなら、ぜひ応援に行きたいです。
しかし、以前ジャパンオープンで外国人選手を応援して完全アウェイを経験したことがあるだけに、少し怖い気も…。
日本戦が実現したとしても、スヴェタにはスコアを気にせずに戦ってもらいたいですね(笑)
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本