Sony Ericsson Open (前半戦)

 <Third Round>
Victoria Azarenka (1) def. Heather Watson 6-0, 6-2
Maria Sharapova (2) def. Sloane Stephens 6-4, 6-2
Caroline Wozniacki (4) def. Petra Cetkovska (29) 6-3, 7-5
Agnieszka Radwanska (5) def. Silvia Soler-Espinosa 6-1, 6-2
Samantha Stosur (6) def. Chanelle Scheepers 2-6, 7-5, 6-2
Marion Bartoli (7) def. Simona Halep 6-4, 7-6 (8-6)
Na Li (8) def. Iveta Benesova 7-5, 6-2
Serena Williams (10) def. Roberta Vinci (21) 6-2, 6-1
Sabine Lisicki (12) def. Shuai Peng (17) 6-4, 7-5
Ana Ivanovic (15) def. Daniela Hantuchova (20) 6-2, 7-6 (7-2)
Dominika Cibulkova (16) def. Jie Zheng 6-2, 6-0
Maria Kirilenko (22) def. Ksenia Pervak 6-2, 6-1
Yanina Wickmayer (23) def. Kim Clijsters 6-4, 7-6 (7-5)
Garbine Muguruza Blanco def. Flavia Pennetta (24) 6-2, 1-6, 7-6 (8-6)
Ekaterina Makarova def. Mona Barthel 6-2, 6-4
Venus Williams def. Aleksandra Wozniak 4-6, 6-4, 7-6 (7-5)


今大会は復帰がキーワードでしょうか。やはりW姉妹やキムが出場すると大会が荒れますね。第10シードのセリーナはまだしも、ノーシードのキムとヴィーナスはそれぞれゲルゲスとクヴィトワといった上位シードを下してまたもや迷惑な存在になりました。
ヴィーナスはもちろん実力者ですが最近は復帰即優勝ということも難しくなり、加えて31歳という年齢、昨年発症したシェーグレン症候群の影響を踏まえると、ウィンブルドンあたりまでは探り探りなんだとは思います。3回戦も疲労の色は隠し切れないようでしたし。それでもまだまだトップ選手を倒せる力があることを証明した前半戦。後半戦でも納得のいくプレーを引き出せるだけの健康が与えられるように祈っています。

それにしても、今回は相手が悪かったとはいえ、クヴィトワは北米のトーナメントではほとんど勝てませんね~。最初は持病の喘息の影響かと思っていましたが、春夏問わず、そして湿度の低い地域でもということになると単なる調子の波なのかもしれません。

全豪以来となるキムは3回戦敗退。キムも故障が増えてから成績にムラが出てきました。怪我が治ったとはいえ、最初の引退以降はほとんどクレーで戦っていないわけで、今年も精力的にクレーの大会に出場することは考えにくいですね。五輪に焦点を当てると発言していることからも、ベストな体調で芝のシーズンを戦えるように、春のうちはセーブすると思います。

そして、ホジキンリンパ腫から約1年ぶりの復活となったクレイバノワ。2回戦でキリレンコに敗れたものの、初戦はフルセットでしっかり勝ち切りました。ツアー生活にも慣れて本格的に才能を開花させようという時にがんの一種を発症したわけですから、この1年は肉体的にも精神的にも本当に辛い時期だったと思います。248位まで落としたランキングを戻すのは時間が掛かるでしょうが、本来のテニスを取り戻して日本でもどすこいストロークを見せてほしいところです。

復帰勢の他に目を移すと、まぁどれも順当な勝ち上がり。アザレンカの連勝も25まで伸びました。
唯一、Muguruza Blanco(ムグルサ・ブランコ?)というスペインの無名選手の存在が気になります。現在は自己最高の208位。初戦は森田のリタイアで勝ちを拾った形でしたけど、その後ヴェラ、ペンネッタという二人のシードを倒しての4回戦進出は立派です。若手が育っていなかったスペインから18歳の将来性豊かな選手が出てきたという点でも、注目すべき存在と言っていいでしょう。

さて、後半戦はアザレンカとラドワンスカに絞れそうなトップハーフとは対照的に(ラドワンスカはいつもアザレンカ側に入ってしまうので、決勝進出が難しいな…)、ボトムは混戦模様。普通に考えればシャラポワとセリーナが有力だとは思うんですけど、セリーナはストーサーと、シャラポワは李娜との相性が悪いのが気になるところ。こういう時こそウォズニアッキは地道に勝ち上がって存在感を示したいところですね。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本