Qatar Total Open

全豪女子ダブルス決勝のハイライト動画がアップされています。動きの悪いヴェラに業を煮やしたスヴェタが突如シングルスモードに入る終盤(18:10以降)は何度見ても笑えますね。本当ならパートナーのモチベーションを上げていくのも必要なんですけど、ヴェラにもあんな露骨に萎縮されちゃうとなぁ…。


シングルスではイライラさせられっぱなしのスヴェタですが、単複どちらも複数のGSタイトルを取った選手は21世紀に入って実はW姉妹とキムくらいしかいません。違うペアでとなるとヒンギスやリンジーの時代までさかのぼることになると思いますし、単複共に初優勝から2つ目のタイトルまでの間隔がかなりあることも、長い間彼女が一戦で活躍してきた事実を物語っていると思います。まぁ、彼女の潜在能力からすれば、これしかタイトルを取っていないという見方もできますけど…。
このロシアペア、今回は五輪用だと思っていたんですが、実はそんな考えは全くなかったみたいですね。もちろんこの優勝をきっかけに五輪も視野に入れるでしょうけど、何度も組んでいる割にはコンビとしての完成度は低いように思います。インディアンウェルズやマイアミでまた組んでコンビネーションを磨いてもらいましょう。

 <Quarterfinals>
Victoria Azarenka (1) def. Yanina Wickmayer 6-0, 6-4
Samantha Stosur (3) def. Monica Niculescu 6-2, 2-6, 6-3
Agnieszka Radwanska (4) def. Christina McHale 6-1, 6-1
Marion Bartoli (5) def. Lucie Safarova 7-5, 4-6, 6-1

 <Semifinals>
Victoria Azarenka (1) def. Agnieszka Radwanska (4) 6-2, 6-4
Samantha Stosur (3) def. Marion Bartoli (5) 6-3 ret.

 <Final>
Victoria Azarenka (1) def. Samantha Stosur (3) 6-1, 6-2


アザレンカの勢いが止まりません。開幕から17連勝で今季いまだ負けなしです。以前も書いたようにGSタイトル後も急激な失速はないだろうと思ってはいましたけど、今週は1試合で落としたゲームが最大でも6ゲームという圧倒的な強さで、プレッシャーを受けるどころか自信を深めている印象を持ちました。少し冷めた言い方をすると、今季は相性のいい相手との試合が多いので、今後は対戦成績で負け越しているクヴィトワやウォズニアッキを相手にどう戦うかに注目していこうと思います。
準決勝では足を痛めたにもかかわらず勝ち切っていたので、ナンバーワンとしての自覚によるものなのかなと思っていたんですが、どうやら心配されたほどの故障ではない模様。しかし、元々故障の多い彼女。これまではリタイアすることで悪化せずに済んでいたように感じるんですが、以前とポジションが変わったことで無理をするようになると今後に影響を及ぼさないのかなという心配も残ります。

ストーサーは開幕から続いた不調をようやく脱したと思いたいですが、今週はバルトリのリタイアがありましたし、しかも決勝は完敗でしたから、まだまだ油断はできません。
彼女はどうも天敵が多すぎるんですよね。シャラポワからの連敗は昨年末に9でストップさせたものの、あの時のシャラポワは故障を抱えていましたし。アザレンカにはこれで6連敗で、セットを奪うどころか競る場面すらほとんどない状態。原因はやはり相手に攻め込まれた時のフットワークにあると考えています。

ラドワンスカ姉は今季3大会に出場していずれもアザレンカに敗れています。この半年間の安定感はさすがですが、現在のトップ3クラスのハードヒッターに勝つためにはパワー不足がどうしても気になってしまいますね。いつも言っていますけど、どうしても2ndサービスが…。

ところで、先週も取り上げたドイツ勢の話題ですが、最新ランキングで4人のドイツ人プレイヤーがトップ20に入りました。これは1988年7月以来のことだそう。今の4人がまだ生まれていないか0歳の頃の話ですから、随分と間が空きましたね。でも、この勢いなら90年代のシュテフィやアンケ・フーバーのようなGSファイナリストも近々出てくるんじゃないでしょうか。
男子も90年代のベッカーやシュティヒ、2000年代のキーファー、ハース、シュトラー時代から一気に地味になってしまいましたから、これはドイツのテニスファンにとっては本当に嬉しいニュースでしょう。自分は今後もペトコとゲルゲスを推していきます。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

クズボのダブ

あれだけの強打とスピンとフットワークとネットプレーとテクニックと負けん気の強さを持ってて何でシングルスではあんまり勝てないんだろ??ダブルスコートを左右に、後衛のベラの球まで取ってたよ?!優勝してもベラが気まずそうなくらいだったよ?!井上青香(俺はテニスの知識がいぬふく程マニアじゃなく一般的日本人レベルだから、漢字は合ってないかもしれない…違ったらゴメンね)がGSでQualifierから本戦に出るのを応援するのなら、コロッと負けても(倒れたとしても、お尻吊ったとしても)意気消沈しないけど、スヴェタの早期敗退となると、いぬふくが業を煮やすのが痛いほどわかる…。ダブルスは一人じゃないがら、メンタル的に強気なのかな。そしてそれがシングルスでのメンタルの成長にもつながるかもしれない…、…、ことを、、、祈って、、ます(-_-)。

おもしろい

この試合はほんとにおもしろかったです。
途中からのスヴェちゃんの、躍動!
ダブルス好きなんだなぁと思いますね。

この試合を観て、選手の気持ちの強さ(除くヴぇらちゃん^^;)を
ちょっと見習わないとと思いました。
ヴィンチの顔の怖いこと。
あれくらいの強気でないとね。

次は得意のRGですから、是非々々シングルスでもこの強さを発揮してほしいですね。
それにしてもヴェラちゃん、ちょっと自信なくしてるのかしら。。。

女子はこのままアザレンカがというのもちょっとおもしろくないですね。
パワーテニス全盛という印象ですが、ラドワンスカのような多彩なテニスで
さらにもう少しパワーのある選手が出てくるといいなぁと思います。

才能の持て余し

>海人

シングルスでもGSで2度の優勝と2度の準優勝がありながら「あんまり勝てない」と(一般的にも)思われているところが、スヴェタの潜在能力の高さを表しているよね。
ダブルスでは会話があるから内にこもらないし(ヴェラは見事にこもってたけど)、特に今回の決勝はヴェラが散々だったから責任感もかなり芽生えたんだと思う。
でも、シングルスに活かされることはないだろうな…。

彼女最大の弱点はメンタルだけど、ショットセレクトの拙さもあるように思うんだ。
でもそれは力でも技でも展開を作れる引き出しの多い選手だからこその課題なわけだから、心のどこかで許してしまう部分もあります。
さらに、見捨てたくなった頃に素晴らしいテニスを見せる究極のツンデレプレイヤーでもあるわけで…。

メンタル&テクニック

>ameponさん

確かにスヴェタは仲良しのプレイヤーも多いようなので、ダブルスは好きなのかもしれませんね。
アメリーとのペアも楽しそうでしたし。
最近シングルスでの早期敗退が増えているのは残念ですけど、その分体力的な余裕はあるでしょうから、今からでもダブルスに積極的に挑んでほしいという気持ちはあります。

ダブルスらしさという点ではヴィンチがベスト!
自分は細かく動いて相手にプレッシャーを与え、年下のエッラーニには伸び伸びプレーしてもらおうという意図が見えるようでした。
イタリアは頼れる姉御がたくさんいていいですね。

反対にヴェラは心配です。
故障が出ているのも弱気になっている原因かもしれません。

今の女子テニスはアザレンカが抜けてきましたが、セリーナやキム、クヴィトワが戻ってきて、ウォズニアッキが戻ってくればまた混戦になるんじゃないかなと思っています。
自分もテクニック系を推したいんですけど、やっぱり軟攻はパワーのない選手の苦肉の策であって、体格に恵まれた選手は強打優先になっちゃうんでしょうねぇ。
ラドワンスカの成長とスヴェタの覚醒に期待するしかないんでしょうか。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本