全豪オープンテニス2012 決勝

Victoria Azarenka (3) def. Maria Sharapova (4) 6-3, 6-0

自分がGSの決勝でどちらかに肩入れしてその選手が勝ったというのは、2009年全仏のスヴェタ以降、1度もありません。どこかで負け慣れてしまったと思っていましたが、それでもこの敗戦はダメージがでかすぎる…。

アザレンカ優位という予想は当たりましたし、ラリーの展開もほぼ考えていた通りでした。フルセットになればシャラポワにもチャンスがあるけど、アザレンカが勝つならストレートというのも的中。しかし、ここまで一方的になるとは誰が予想していたでしょうか。
試合開始直後のアザレンカは表情も硬く、最初のサービスゲームは2つのダブルフォールトを犯して落としてしまいます。経験で上回るシャラポワはこの機に乗じて一気に攻め込み、より大きなプレッシャーを与えたかったことでしょう。
しかし、アザレンカは踏ん張りました。0-2から第3ゲームのキープに成功すると、そこから別人のように完璧なテニスを見せ始めます。結局その後の13ゲーム中12ゲームを奪ってゲームセット。

シャラポワの調子も決して悪くなかったと思います。序盤からコートの奥深くに強打が突き刺さっていましたし、サービスが乱れることもほとんどありませんでした。
でも、これだけ完璧に守られるとシャラポワの引き出しの少なさが顕著に現れてしまいますね。基本的にストロークの質で攻めるタイプなので、そのスピードに対応されるとただ単調なだけになってしまう…。ストロークはコーナーギリギリに打ち込まないと決まらず、徐々に追い込まれていってしまいました。
長年活躍しているシャラポワですが、テニスはまだまだ未完成。GS優勝とナンバーワン復帰のためには守備の向上が大きな課題になるでしょう。フットワークはもちろん、質のいいスライスで凌いだり、苦しい体勢からも重心を安定させてカウンターを打つことも必要(この場合、脚の長さが仇となりますね。やっぱり…)。そうでなければ、長身とリーチの長さを活かしたネットプレーで超攻撃型を極めるのもありかな。肩の手術後はサービスの調整に追われていた感じですが、この1年は安定してきたし、そろそろ新たな改革を見せてほしいものです。

対照的に、アザレンカは昨年あたりから強化されたフットワークが見事に活かされていました。コートの端から端まで走らされてもミスせず返すばかりか、弾道が高くなりません。シャラポワの球が多少深くても腰を落としてコースを切り替える余裕もありましたし、チャンスと見れば迷わずネットに詰めてポイントを奪っていました。
ここまでして、アンフォーストエラーの数はたった12個。内容もこれまで見た彼女の試合でベストでした。それを初めてのGS決勝でやってしまうとは!

※追記
最近過去記事を読み返していて、こんな選手もいたなぁと思っていたメイレン・ツーさんがアザレンカのマネージメントをしていたことにも驚かされました

これで、昨年の全仏以降、4大会連続で新たなGSチャンピオンが誕生したことになります。しかし、他の3人に比べるとアザレンカはトップグループで安定して活躍していましたから、勢いという感じはしませんね。急激に失速することはないんじゃないかな。
個人的には、プレースタイル面でもキャラクター面でもまだ彼女を好きになれないんですけど、きっとこれから訪れるであろう困難と闘っているうちに魅力的な選手に成長していくんだろうと期待しています。
ちなみに、来週のランキングは
1. アザレンカ
2. クヴィトワ
3. シャラポワ
4. ウォズニアッキ

ということになりました。
ウォズニアッキはインディアンウェルズまで守るポイントが多いので、クレーシーズンまでは上位3人でナンバーワン争いが繰り広げられそうですね。


シャラポワショックによりテンションは下がってしまいましたが、スヴェタとヴェラのロシアンペアは見事に女子ダブルスを制しています!
序盤はヴィンチの動きに撹乱されてミスが多く、イライラする展開でしたが、ダブルスではメンタルが安定しているスヴェタは徐々に立て直していいプレーを見せていましたね。
それにしてもヴェラよ、ダブルスであんなに足が止まっていてどうする…。ミスしたり逆を突かれたりしてもいいからもっと前衛で動かにゃ。後ろにいても、相手ペアがネットでプレッシャーを掛けてくると簡単にロブを上げてしまうし(これは今大会ずっと…)。試合中は表情がなくなっていましたし、最終的には、どんなに盛り立てても一向に積極的にならないヴェラに痺れを切らしたスヴェタのワンマンショーという感じで勝ちましたが、ペアとしてはまだまだ完成度を高めていかないといけません。

何にせよ、ダブルスでもオリンピックのメダルが狙えることを証明してくれたのは嬉しかったです。ロシアはキリレンコ&ペトロワもいますしね。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

初決勝でベストプレー

かつてはノボトナ、最近ではサフィーナのイメージが強烈すぎて、初の決勝の舞台とか、獲りたいものが目の前にあってガチガチになるのは当然だと思いすぎていましたが、そういや、最近はスキアヴォーネにしても李にしても、ストーサーにしても、GS初の決勝で最高のプレーをして相手を圧倒できていますもんね。メンタルが崩れなくなったアザレンカにできないわけがない、ですよねぇ。お見事でした。

女子ダブルス決勝は、動かないズボナレワに自分もイライラしましたよ(笑)。SFTCでたまりかねて、クズネツォワがほぼひとりでボール処理してポイントを決めたのにはさすがに爆笑しましたけども。よくこんなコンビネーションで決勝まで進んだよな、と。ヴィンチ、エッラーニのほうがいいコンビだったじゃんか(笑)。それにしても、ズボナレワはシングルスでも元気がありませんね。いいときのプレーをイメージしすぎて、本来のプレーができなくなっているとか(サフィンかっ!)?

メンタル完全克服

ガチガチメンバーにはディメも加えてあげましょうe-440
シャラポワ自身、初のGS決勝でセリーナを圧倒したくらいですし、昨年もクヴィトワに初優勝を献上してしまったくらいですから、気を引き締めていたとは思いますが、それを上回る集中力でしたね。
アザレンカは守りが強くなったことで、精神的にも安定させやすくなったんじゃないでしょうか。
ハードヒッターはどうしても崩れた時に悪循環に陥りがちですから。

ダブルス決勝は完全にイタリアペアの方が動きがよかったですよね。
ヴィンチが展開を作ってエッラーニには思い切りのいいテニスをさせるというような役割分担ができていたように感じます。
ロシアペアは完全に一つ一つのショットの質だけで勝ったような…
ヴェラは応援したい選手ではあるんですが、はっきり言って世界2位まで行ったのは出来すぎだったと思うんです。
もう少しはっきりした武器が欲しいところですし、彼女自身もそれを解っていて変えていこうとしているんでしょうけど、彼女もまた攻撃力アップの代償に粘り強さを失っている気がしますね。
サフィンのような天才型じゃないんだから地道に積み重ねていくしかないんでしょうけど、あとはデメキンコーチとのチーム復活でしょうか(←個人的希望)。

疲れました

女子決勝はあっさりアザレンカでしたが
男子決勝は、長い長い。
ラファ勝てたと思うんですが、途中で守りに入ってしまった感じです。
でも、もうどちらもすごい!拍手、拍手。

ほんとにヴェラちゃん最近元気ないですよね。
だからスヴェちゃんその分キレキレで、エース連発でしたね。
ベンチは椅子に間があるせいか、あまり会話してなかったような。。。
とりあえずロンドン目指すなら、気持ちをスパッと切り替えてもらわないとですね。

どちらも次はシングルスでの活躍を期待します。

5セットはキツい…

男子決勝はライブスコアで確認して、深夜にNHKの放送を観ました。
録画放送なので2時間にまとめられていましたが、もうそれでいいです。
リアルタイムで5時間以上観戦する体力、気力はないですわ!
ナダルは中盤攻め手を失ってしまった感じでしたが、粘りに粘りましたね。
ファイナル4-2まで行ったことだし勝ってほしかったですけど、これまでの敗戦と違って満足のいくテニスができたようなので、次にがんばってもらいたいです。
それにしても、男子は4強とその他の選手の差が開く一方ですね…。

女子ダブルスはみんな同じ印象を抱いていたようで…。
準決勝までもスヴェタが積極的に話し掛けてリードしていましたけど、決勝はヴェラの顔が死んでいたのでかなり気を遣っていたんじゃないですかねぇ。

この経験がシングルスに活かされたらいいですけど、期待しちゃいけないような気がします。
スヴェタはまずはフェドでのプレーに注目ですね。
シングルスではシャラポワと2トップになりそうです。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本