2011 BEST SINGLE

2011年のヒットシングルを振り返ってみると、やはり前年の流れを汲んだエレクトロ系が目立っていたと思います。女性ポップアーティストの活躍に加えて、LMFAOやPitbullのようにもはやヒップホップと言えるかどうかというアーティストまで全米1位を獲得。
かと思えば本来アルバムアーティストであるはずのAdeleがシングルチャートも荒らすなど、エレクトロの反動も見られました。2012年はきっとポストAdeleという売り出し方をされる新人が何人か出てくることでしょう。
ただ、肝心のR&Bは完全に市場の隅に追いやられてしまいました。2010年末以降にリリースされたR&B作品は、Ciara、Keyshia Cole、Keri Hilson、Jazmine Sullivanなど、前作から売上が半減したものばかり。BeyonceやMary J. Bligeのようなベテランですらシングルヒットが出ずに苦戦しています。このままじゃ2月予定のMonicaもリリースに漕ぎ着けることができるか…。こういう時こそ新風を吹き込むアーティストの登場に期待したいところなんですけどね。

※曲名クリックでPVが視聴できます

1. On The Floor / Jennifer Lopez feat. Pitbull
既に古臭くなり、年間ベストに選出するのは抵抗がありますが、落ち目感が漂っていたジェニロペにダサさ全開のランバダを組み合わせたことがかえってお互いの魅力を引き出すことに成功し、大ヒット。今でも若々しくゴージャスなジェニロペが堪能できるPVも好きです。


2. All Of The Lights / Kanye West
フィーチャリング表記はないものの、PVに出演しているRihannaやKid Cudiだけでなく、Alicia Keys、Fergie、Drake、John Legend、Elton Johnなど、多様なアーティストが脇を固めているのがポイントですね。話題性だけで終わらず、楽曲自体も圧倒的で文句なし。


3. Give Me Everything / Pitbull feat. Ne-Yo & Afrojack
1位の「On The Floor」でもがんばっていたPitbullが、こちらではNe-Yoを組みAfrojackサウンドの上で躍動しています。雑多な印象になりがちな曲の中で、清涼感たっぷりのNe-Yoのヴォーカルが際立っていますね。夏の間はかなり聴きました。
ニコニコ動画なのでコメントが不要の場合は、画面右下のアイコンをクリックしてください。


4. We Found Love / Rihanna feat. Calvin Harris
エレクトロの台頭に伴い、Afrojackなどヨーロッパのサウンドクリエイターの名前を耳にする機会が増えましたけど、Calvin Harrisもその一人。この曲のブレイクで来年はヨーロッパ以外でも彼の作品に注目が集まるようになるでしょう。

5. Stereo Hearts / Gym Class Heroes feat. Adam Levine
ラップパートの淡々とした空気をサビのAdam Levineで一気に変える、彼の持ち味であるその高音を見事に活かした構成。「Moves Like Jagger」ではウンザリしていたAdamの声が実は魅力的だったことをデビューアルバム以来に気付かせてくれた曲でした。

6. Run The World (Girls) / Beyonce
クセの強い楽曲なのでヒットはしませんでしたが、衰えを知らないチャレンジ精神といろいろな意味で圧倒的なPVに魅了されてこの順位。その上でBillboard Awardsのパフォーマンスですから、評価しない理由はありません。

7. E.T. / Katy Perry feat. Kanye West
まさか「Firework」の後にこれをカットしてくるとは…。
シングルカットに合わせて追加されたKanyeのラップは要らなかった気もしますが、アルバムでも一際怪しげなトラックと、やりすぎなくらい凝りまくったPVは大好物でした。

8. Pumped Up Kicks / Foster The People
トップ10の顔触れの中では一つだけ浮いていますが、ロック系バンドでここまでしっくり来た曲も本当に久しぶりです。集中的に聴くことはありませんでしたけど、たまにふと聴きたくなります。買いそびれていたアルバム、今年は手に入れようかな。

9. Make Me Proud / Drake feat. Nicki Minaj
歌とラップの両刀使いの二人らしい巧みな変化と全編に渡る怪しげなトラック、そしてサビの繰り返しが耳にこびり付いて離れなくなりました。前年に続き、2011年も大活躍だったNicki Minajですが、客演でないと魅力が存分に発揮されないのは本当に残念。
PV未公開のため、リンク先は音源のみです。

10. Judas / Lady GaGa
目新しさはないものの、デビュー作からのシングルが好きだった人なら嫌いになりようもない鉄板トラック。タイトル通り聖書のガガ流解釈といった内容で、詞もPVも意味深ですが、何も考えずに触れてもちゃんと楽しめるところが秀逸です。
彼女に関しては、ずっとピンと来なかった「Born This Way」も年末に日本でパフォーマンスしてくれたおかげでまた新鮮な気持ちで聴け、徐々に好きになってきました。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本