Love After War / Robin Thicke

Love After WarLove After War
(2011/12/06)
Robin Thicke

商品詳細を見る

ブルー・アイド・ソウルに対する苦手意識を払拭してくれたRobin Thicke(ロビン・シック)の5thアルバム。2ndアルバムを初めて聴いた時の衝撃は今でも忘れていません。
前作「Sex Therapy」はR&Bを軸にしながらもヒップホップ、ボサノバ、ハウスといった他ジャンルの要素を織り交ぜ、それでいてどこを切っても彼の作品だとはっきり判る傑作でした。その続編的な内容と噂されていた本作に期待するなという方が無理な話ですが、結果から言えば期待値超えは果たせていません。というより、今作のゲストは盟友Lil Wayneのみにとどまり、コラボ曲満載の前作とは別物。

彼の代名詞とも言えるファルセットを封印し、オーケストラ・サウンドの上で熱く歌い上げる「(1)An Angel On Each Arm」、「(2)I'm An Animal」、「(3)Never Give Up」の3曲は、彼が新しいステップに足を踏み入れることを感じさせる佳曲たち。前作もファルセット控えめのアップが好きだった自分には最高のスタートです。

一転、1stシングルの「(5)Love After War」以降はミッド~スロウ中心になります。こちらは、要所要所でファルセットも使われ、これぞRobin Thicke!といった極甘トラック勢揃い。嫌いになりようがないというくらい良曲だらけなんですが、個人的にはどうもしっくり来ない…。2ndや3rdで聴いたことがあるような曲ばかりなんですよね。決して従来の路線を否定するつもりはありませんし、「(6)All Tired Up」や「(10)Boring」、「(12)Dangerous」あたりは単純に聴いていて気持ちいい楽曲だとは思いますが、大半をこの路線にするのならどういう意図で最初の3曲を入れたんだろうという疑問が残ります。

7.5点といったところですが、聴き込み甲斐がありそうなのと、次回作への期待も込めて星8つ。彼らしさが感じられるという点で、むしろ、Robin Thickeを聴いたことがないという人に薦めやすいアルバムと言えるかもしれません。
ちなみに、通常盤の他にデラックス盤もリリースされていますが、こちらで追加された3曲はあまり印象に残らないので通常盤で十分でしょう。通常盤でも17曲収録されていて満足いくボリュームですしね。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「Sex Therapy」 ★★★★★★★★★☆

「Love After War」(US R&B20位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本